サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


建物を新築した場合、建物表題登記(建物表示登記)と保存登記は、自分でできる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
建物を新築した場合、建物表題登記(建物表示登記)と保存登記は、自分でできる
建物を新築した場合、建物表題登記(建物表示登記)と保存登記は、


自分でするについて


 

不動産の所有権移転登記をする場合、法律上は、


本人が申請できないことはありませんが、


所有権移転登記は、間違いは許されませんので、


ある程度知識も必要になります。

 

もっとも、買主が所有権移転登記することに関して、


業者は不快感を示します。



また売り主も、不快感を示すでしょう。




売主とすれば、実印で書類を作成し資格証明書と、


印鑑証明書を、最終決済も終わっていないのに、


見ず知らずの人に渡して、


何かあったらどうするんだ?と言う意識もあります。

 


登記をするには事前に売主から印鑑証明書をもらう必要があります。

 


売主側から印鑑証明書をもらうには、 


事前に売主に承認を取る必要があります。

 

 

いずれにしろ、


売主に事前の連絡の取る必要がありますので面倒です。

 

ちなみに、不動産購入で、ローンを組むことを、


予定されている場合は、担保権の設定になりますので、


銀行が司法書士を、指定してくるでしょう。

 

それに対して、建物表題登記(建物表示登記)と保存登記は、


自分でやることに問題はありません。


 

建物表題登記(建物表示登記)は、


土地又は、建物の現況を明確にするものです。



建物が新設された場合や、建物が解体した場合、


建物表題登記(建物表示登記)や滅失登記を、


1か月以内に申請しなくてはなりません。


 

また、建物表題登記(建物表示登記)は、


建物の所在、種類、構造、床面積、


建物の番号の変更があった場合も必要です。


 

建物表題登記(建物表示登記)は、図面(建物図面、各階平面図)を、


作成しなければなりませんので、


多少面倒ですが、土地家屋調査士に依頼すると10万円位しますので、


自分でするのが得策です。


 

建物図面の縮尺は500分の1で、各階平面図は250分の1です。

 

これらの図面のひな型や作成方法を法務局に確認することで、


作成は可能です。

 


作成の年月日を記入して、申請人と、作成者の署名押印します。

 

 

次に保存登記は、不動産の権利に関する登記です。


 

この登記によって、初めて第三者に、


自分の所有権を主張できるようになりますね。


 

保存登記は、他人に賃貸した場合などにおいて、


家主が子供の代になったりしたときや、


所有関係が不明確になることを防ぐためです。



また建売住宅を購入した場合、


保存登記で自分の所有物であることを証明できます。


 

後で泣かないように、これらの登記をしておきましょう。




関連記事
登記費用の仕訳はどのようにする

建物表題登記(建物表示登記)と保存登記は自分でできる

不動産所有権移転登記を自分でやる場合の問題点

不動産購入、ローンを使えばどれだけ費用が増える

抵当権付き物件売買

不動産の所有権移転登記

不動産登記申請の手順

不動産登記について

不動産の所有権移転登記を自分でやるには


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク