サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


福祉アパートあれこれ | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
福祉アパートあれこれ

福祉アパートについて

 

 


福祉アパートは、自ら生活保護を申請することは、


なかなか難しいホームレスなどに、

 

部屋や食事を提供することによって、生活保護を受けさせて、

 

家賃を払わせるということになっています。

 

 


まぁ、これは近年業者が法外な値段の家賃収入を得ているところが、

 

問題になりました。

 


つまり、ホームレスに住民票を取らせることで生活保護を受給させ、


その生活保護費から、部屋代や各種手数料などを徴収する。

 


一見、社会正義のように見えるこの方法ですが、


実はビジネスです。

 


行くあてのないホームレスを利用して、法外な家賃や寮費を請求し、

 

生活保護費の大半を巻きあげるケースでした。

 

 

そのため貧困ビジネスとよばれ、社会問題化しました。

 


福祉アパートは以前は簡易宿泊所だったものが多く、


簡易宿泊所とは、一泊1000円前後で宿泊できる格安の宿泊所ですが、

 

大阪のあいりん地区や、東京の山谷には、


以前は全国から労働者が集まっていたので、


簡易宿泊所が多かったのですが、長引く不況の影響で、
 

労働者が宿泊費を払えなくなり、路上生活するケースが増えました。

 

 

ホームレスは、住民票がないので、生活保護の受給が難しいですが、


福祉アパートと銘打った施設に収容し、住民票を取らせることで、


生活保護を受けられるようになれば、役所から毎月一定の収入が、

 

得られるようになる。

 


ホームレスは、他に行くあてもなく、


自分でアパートを借りる財力もないことから、


一旦福祉アパートに入居すれば、長くそこにとどまるはずです。

 


なので、福祉アパートは、簡易宿泊所よりも、


安定した稼ぎが得られるわけです。




貧困ビジネスは、そこに目を付けたわけですが、

 

これは貧困者にとって需要があるから存在するわけで、


福祉アパートの住民が、路上生活しなくていいのは、


福祉アパートのおかげでもありますが、しかし、


業者が法外な値段の家賃収入を得ていることは問題で、


こういったことが日常的になれば、社会にとって、

 

大きな負荷をもたらすといえますよね。

 

 

 

 

 




関連記事
生活保護者に部屋を貸す場合の問題点

生活保護者向けアパート

家賃と生活保護

福祉アパートあれこれ

生活保護と転居(引越し)費用

 

生活保護世帯の子供の進学と引っ越し


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1405
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク



AX