サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


なぜ税引後利益を増やさなければならないか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
なぜ税引後利益を増やさなければならないか
なぜ税引前利益(税引後利益)を増やさなければならないかについて詳しく

 


先ず税引前利益を増やすことで、財務状態が良くなります。


不動産賃貸業には、資金が必要です。


通常であれば、利益を上げれば手元資金を増加しますので、


資金を蓄積することができます。

 

また利益を上げたことによるキャッシュフローを、


借入金返済に回せば、支払利息を軽減することができます。



最後には、無借金経営を実現することが可能になります。

 

もっとも、利益を上げても、半分近くは、


税金として納めることになりますが、


その分も見込んで、今より2倍、3倍と、


利益が出るようにしなければならない。

 


税引後利益を貯めていけば、自己資本が増え、


事業を安定させることになります。

 

もちろん、資金調達の方法としては、銀行からの借入を頼りに、


賃貸業を拡大していくという方法もありますが、

 

これは、大家さんの事業内容が良いうちはいいですが、


事業内容が悪くなれば、銀行は資金を回収しにきます。

 


銀行にばかり依存していると、いざというときに、


資金が回らなくなり困ります。



賃貸業は、安易に借入ができることが有利な反面、


不安でもあると考えます。

 


賃貸事業が高い税引前利益を上げることができれば、


若干の減収になっても、簡単に赤字にはなりませんし、


もし経済環境や、経営状況が悪化しても、


高い税引前利益上げていれば、空室が増えたり、


修繕費が重なったり、不測の事態が起こっても、


持ちこたえられます。




このように高い税引前利益は、将来に起こる不測の事態になっても、


どのくらい耐えることができるかの指針となり、


将来にわたって、経営を安定させるためには、


高い税引前利益が必要です。


 

また、利益を上げて手元資金を増やすことで、


次の物件を購入できるようになります。

 


賃貸業を発展させていくためには、


収益物件を、増やさなければなりませんが、


その道のりは、決して平たんではありません。

 

新しい物件を購入して収益を安定させるためには、


資金的余裕がなければできませんし、既存物件が赤字体質で、


利益が上がってないにも関わらず、新しい収益物件を購入して、


命取りになることが、不動産投資には起こりがちです。


 


元々財務体力が弱いところに、無理な借入金により、


物件を購入するよりは、高い利益を実現して、


税金を払った後に蓄積してきた手元資金により、


新しい物件を購入することが重要です。

 


税引後キャッシュを増やして、


手元資金が豊富であれば、


資金調達に悩むことなく、


新たに、収益物件購入を行うことができるからです。



なぜ、税引前利益を増やさなければならないのかを、


自身が理解して経営する必要があります。


 

これはいかに利益を増やすか、今よりもっと利益が増やしたいと、


その程度の思いでは決して増えてこないと思います。



なぜ、利益を増やすことが大事か、


理解しなければ、強い願望は生まれてきません。

 


大家さんが高収益になるのだと心から願い、


そうなるために必死で努力して初めて、


高い利益が実現するようになるのですよね。


 

税引前利益が少ない状態では、


新しい収益物件のリスクを、十分取れないため、


借入金という大きな負担を、背負うことになります。







関連記事
アパート経営税引後キャッシュフロー

借入金の返済原資は、なぜ減価償却費をプラスする(加える)のか

キャッシュフローを悪くしない節税、お金の出費を伴わない節税

節税の弊害(事業の安全は、利益があってこそ生まれる)

節税策によって使った費用・支出以上に、税金の額は減少しない

大家さん(賃貸事業)の利益率

不動産投資、税金について

なぜ税引後利益を増やさなければならないか

税引前利益を2倍、3倍に増やす

不動産投資、本当に残るお金はいくら?



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1432
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク