サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


物件の価値を上げて、家賃を上げる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
物件の価値を上げて、家賃を上げる

物件の価値を上げて、家賃を上げるあれこれ

 

 

 

 

 

 

 

物件の価値を高める努力をして実際に実行すれば、

 

 

家賃をアップすることが出来るし、

 

 

少なくとも、現状維持は出来るはずです。

 

 

 

 

 

 

 

言い換えれば、そのまま放っておけば、

 

 

建物は必ず経年劣化しますので、

 

 

家賃は下がっていくことになります。



価値を上げることによって、少なくても現状維持はできます。

 

 

 

 

 

 

 


近隣に同じような物件が増えて、差別化が難しいとか、

 

 

 

古くなったからということで、

 

 

 

家賃を下げるしかないということになりがちですが、

 

 

 

そうすることで赤字になると元も子もありませんよね。

 

 

 

 

 

 

 


中々入居者が決まらないときは、家賃を下げるのではなく、

 

 

 

入居者が少しでも使い勝手が良く、住みやすくなるように、

 

 

 

バリューアップして、物件の価値を上げて家賃を上げることによって、

 

 

 

長い目でみて、賃貸期間中の家賃の最大化につながると思います。

 

 

 

 

 

 

 

物件の価値を上げて家賃を上げることは、

 

 

 

言葉で言うほど、容易ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

つまり、付加価値を付けて収入をより多くしたいという、

 

 

心の底からの強い願望が必要だと思います。

 

 

 

 

 

 

大家さんが周囲の反対を押し切ったり、

 

 

 

説き伏せたりしてでもやりぬく信念を持てるかです。

 

 

 

 

 

 

 

物件の価値を上げるためには、

 

 

 

そのための費用を捻出する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

そのためにも家賃は高い水準を保たなければ、

 

 

 

将来起こると思われる修繕費用を捻出できません。

 

 

 

 

 

 

 

物件の価値を上げるのは、前の入居者が生活していた状態よりも、

 

 

 


もっと住みやすくするぐらいに改装するということです。

 

 

 

 

 

 

 

クロスを張り替えたり、フローリングを張り替えることも重要ですが、

 

 

 

それよりも、より使いやすくして、中身をよくすることが重要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

お金をかけるところには、徹底的にお金をかけて、

 

 

 

それ以外のところは徹底して省く心構えが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

つまり最小の経費で、最大の家賃を上げる努力をすべきであって、

 

 

 

それによって利益を最大にすることです。

 

 

 

 


中古なのだから、何から何まで、

 

 

 

新築のようにする必要はありませんが、

 

 

 

使い勝手をよくすることはできるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

耐震性を上げて、内装を変更して、

 

 

 

使いやすくすることで、長く住んでもらうことですね。

 

 

 

 

 

 

 

実は、相場家賃は、業者が貸しやすい家賃でしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

家賃は高すぎても決まりませんし、

 

 

 

安すぎても利益がなくなってしまいます。

 

 

 


入居希望者が喜んで入居して下さるもっとも高い家賃で、

 

 

 

値決めする必要があるのですね。

 

 

 


大家さんが納得する家賃額でなく、入居者の身になって、

 

 

 

入居者が納得する家賃を考えて設定して、その家賃を超えると、

 

 

入居はしないというぎりぎりの家賃を見抜く必要がありますよね。

 

 

 

 

 

 

家賃が下がって大変と嘆く前に、

 

 

 

その家賃に見合った価値を提供できているかですね、

 

 

 



というわけで、

 

 

 

家賃というのは、入居者に与えた価値の対価なので、

 

 

 

入居者が高いと感じるとなかなか入居しませんし、

 

 

値段以上に部屋の価値をあげることだと思います。

 

 

 

 



関連記事

空室対策の決め手


物件の価値を上げて、家賃を上げる

空室がなぜ埋まらないんだろう?


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1433
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク