サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


自宅はオンボロでもよいし借家でも構わない | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
自宅はオンボロでもよいし借家でも構わない
自宅はオンボロでもよいし借家でも構わないあれこれ



自分の家を、買うお金があるなら、


まず、それを収益物件の取得に回し、


財産を大きく膨らませてからにしてはどうでしょうか。

 

自分の住宅の購入は後回しにすべきだと私は思います。

 


不動産投資に踏み出すのが先で、そこで結果を出すのが先であって、


賃貸事業からの収入が十分上がっていない状況では、


自宅購入は、今は辞めたほうが良いでしょう。


 

自宅購入に頭金を入れて何千万という借金を抱えるのは、


愚の骨頂です。


 

自分の住む家はお金を生まないからです。

 


住宅ローンの返済原資は、自分の労働からの収入によるものです。




しかし、収益物件は、入居者からの賃料収入によって、


借入金を返済していきますので自分の収入をあてにしません。



そして賃貸経営の場合、金利が上昇した場合でも、経費となりますので、


金利が増加した分の所得は削減されることになります。


 

すると、減少した所得の部分に本来かかってきた税金は、


かからなくなりますので金利上昇リスクは抑えられます。



しかし、これば自宅の場合は金利から修繕などのあらゆる出費は、


一切経費になりませんので大きな差になるのですね。


 

賃貸経営の場合、建物の経年減価分も経費になりますし、


不動産投資にかかわるあらゆる費用は経費となります。




自宅は一切、経費にならないですので、

 

自宅はオンボロでも構いませんし、


パッチワークで直していけばよいと私は思います。


 

自宅は外見が悪くても、


住むための生活設備さえそろっていれば、


不動産投資に差し支えありません。


 

不動産から十分収益が上がるようになってから、


初めて自宅の検討をしたほうがいいでしょう。



それまでは、収益物件にお金をかけることがあっても、


自宅にはお金をかけない方が良いです。


 

まず最初に収益物件を購入して、


それを増やして、ある程度の収入が入る段階になってから、


初めて自分の家を建てたり、買うべきだと私は思います。






関連記事
自宅はオンボロでもよいし借家でも構わない

住宅ローンについて




スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク