サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


耐用年数を超えた木造物件を土地値以下で購入してリフォームして賃貸に出すのは儲かるのでしょうか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
耐用年数を超えた木造物件を土地値以下で購入してリフォームして賃貸に出すのは儲かるのでしょうか

耐用年数を超えた木造物件を土地値以下で購入してリフォームして賃貸に出すのは儲かるのでしょうか(安く仕入れた築古物件を再生する手法は実際に儲かるのか)についてあれこれ

 

 

 

 

 

築古やボロ物件を安く購入して再生して賃貸に出すか、



あるいは、新築を建てるか、または築浅を購入して、

 

 

原状回復程度のリフォームで入居者を付けるか、

 

 

満室物件や、オーナーチェンジを購入して放ったらかしで、

 

 

儲けるかの選択は、人それぞれですが、

 

 

全ての条件が優良な物件はありませんし、



値段が安価のものは、修繕費用が高くなったり、


他の条件が良くないものですよね。

 

 

 


築古物件を再生して貸すような手間がかかる投資法は、

 

できたら避けたいと思っている人が多いのかもしれません。

 

 


不動産投資の世界では、耐用年数が大きく過ぎたボロ物件を、
 

現金で安く買ってきて、お金をかけて再生してから、
 

賃借人を付けるという手法は、
 

素人のやることだということになるのかもしれない。

 

 

なぜなら、手間がかかる割には利益が少ないからですね。

 


しかし何とか懸命に粘っては、


難題をクリアしていくところに不動産投資の妙味があり、


それが堅実に儲けにつながると私は思います。

 

 


ボロ物件の特徴は、価格が安く、指値が通りやすく、


売却益も見込める点ですよね。

 

 

こう考えて、

 

これから大家さんになろうとしている人も、

 

たくさんいると思います。

 

 

しかし、購入後すぐには収入が見込めないことや、


改修費用も掛かりますし、それを克服して、


さらに工事業者とリフォームの打ち合わせや、


賃貸仲介会社訪問が必要になってきます。

 


 

ボロ物件を購入して、リフォームして空室を埋めるまで、


非常に時間がかかる投資法になります。

 

 

従って時間のある人の投資法になってきますね。

 

 

もちろんリフォームにお金をかけすぎると

 

採算が取れません。

 

 

しかし、やるべきことはやらないと入居者は付きませんよね。

 

 

時間的ロスも考えて、投資判断をしていかなければなりませんし、

 

心理的な負担もあり、決して、楽なことはありません。

 

 

そういう意味で、見返りの少ない投資法かもしれません。

 

 

なので、築古物件投資は安定した収益が、

 

得られるようになるまで、

 

耐えられる資金力をもっているか、

 

資金調達に自信がある人に限られると思います。

 

 


これが、初期投資の参入障壁につながり、

 

普通の人はやりたがらないのだと思います。

 

 


危険を冒してまで、挑戦する必要はありませんが、

 

あえてやる人は、これらのデメリットを打ち消すために、


一生懸命努力できる人だと思います。

 


 

ボロ物件再生には、業者の選定や、打ち合わせ、


値決め、工事の段取りを話し合う必要がありますし、


銀行にも、リフォーム資金の融資してもらえるように、


働きかけなければなりません。

 


しかし手間がかかる投資法のため、


ライバルが増えにくいと思います。

 


裕福な大家さんならともかく、小規模大家なら、


他の人がやらないことにも、


挑戦していかなければなりませんし、これからは、


このことが、お金のない人の投資法になってくると思います。

 

 

今の自分には、少しハードルが高くて出来そうもないが、


しかし未来の可能性を信じて、


何とか頑張ればできるのではないか、

 

他の人がやらないことに、あえて挑戦するのは、


一見、安請け合いのようですが、いざやってみせると決心することが、


賃貸業の技術と実績を蓄積していけるチャンスだと考えます。

 

 

 

 


関連記事
物件が安く買えると、意外と修繕費は高くなる

内装工事などのリフォームの耐用年数と減価償却

耐用年数を超えた木造物件を土地値以下で購入してリフォームして賃貸に出すのは儲かるのでしょうか

中古住宅で儲けるためには

 

リフォームは完璧を期す

 

賃貸経営のシロアリ対策〜アパートの白蟻工事確定申告(雑損控除)

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク