サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


借入金は節税にどう影響する | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
借入金は節税にどう影響する
借入金は節税にどう影響するかあれこれ


 

結論は、節税といっても、借入金の利息は、


申告で経費計上できますが、わずかの税金が減るだけですね。


 

しかし、借入金自体は、返済義務があるもので、


お金の出費が伴うため、ローン返済することで、


そのつどキャッシュフローは減少します。



このキャッシュフローの減少は、元本分と利息分になります。



ところが、節税の恩恵を受けるのは利息分だけです。


 


借入金は負債であって、借入金の利息は経費です。



借入金利息を計上して、利益(所得)を減らすことによって、


当然、所得税を減少させることにつながりますので、


その分の税金が減ります。


 

一方、ローンを組んで、収益物件を購入した場合、


土地、建物という資産は増えますが、


同額、借入金という負債も増えます。

 

したがって、貸借対照表では、プラス・マイナスゼロです。

 

そして、ローンを支払う度に、利息は経費計上できますので、


支払利息分だけ経費の増加になります。


 

申告では、借入金を貸借対照表の負債に、


借入金利息を損益計算書の経費に、


計上しなければなりません。


 

毎月返済することで、借入金という負債は減っていきますが、


借入金利息という経費が増えていくのです、


ところが、借入金利息は損益計上できるため、節税になりますが、


トータルの借入金返済自体は、サイフの支出を増加させる項目で、


これは、利息分まで合わせた分のキャッシュフローが減っていきます。



これを利益でカバーする必要があるのです。


 

節税をするために、ローンで物件を買うと、


利息という経費が増えて、税金は減りますが、


ローン支払いのお金の出費の方がより大きくなりますので、


注意が要ります。


 

というわけで、税金計算に関係するのは利息分だけですので、


借入金は節税には影響が少ないと私は思います。






関連記事
キャッシュフロー計算書の分かり易い作り方、(帳簿上利益,キャッシュ利益)

買った時点で経費に計上する

お金の出費を伴わない節税方法、(キャッシュフローを悪くさせない節税)

賃貸経営はキャッシュベースで考える

税金について

キャッシュフロー計算書の書き方について

借入金は節税にどう影響するか、キャッシュフローはどうなる

借入金の返済原資は、なぜ減価償却費をプラスするのか


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク