サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資はお客様は神様ですとはならない(買い手よりも売り手が偉いのは不動産業界だけ) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資はお客様は神様ですとはならない(買い手よりも売り手が偉いのは不動産業界だけ)
不動産投資はお客様は神様ですとはならない(買い手よりも売り手が偉いのは不動産業界だけ)について


 



アパート経営の収入は、満室がマックスで頭打ち、



それ以上は、収入は増やせない仕組みになっており、



経費はいくら減らそうとしても、経年劣化が進んで、


減らせないようになっているのが不動産投資の仕組みです。




普通の事業活動でしたら、



売れば売るほど売り上げはいくらでも増やせますが、



アパート経営は、建てたときが最も売り上げが多く、


経営状態が良好で、年月が経てば売り上げが減り、


修繕もかさみ経費も増える原理になっている。


 


賃貸経営で儲けるには、買い続けて、増やしていくことでしか、


儲ける仕組みは作れないのだろうか。





これが不動産投資特有の現象で、


他の業界と違うと言われればそれまでですが、


他の業界と違うといえば、もう一つ不動産投資は買い手よりも、


売り手が偉いというところがありますよね。



特に老人にこの傾向が強い。


 

アパートを持っている老大家は尊大な人が多い。


 


特に買主が自分よりも若すぎると、偉そうにふんぞり返る。




自分よりも相当若い人物が、



数千万円用意して購入できることが気に入らないのかもしれない。




すべての老人が、こうとは限りませんが、


決済時の手数料などの費用は、


商慣習上の取り扱いが決められているのに、


それを無視して余分に買主に押し付けようとする。




これには買主だけでなくても、銀行担当者も不愉快になる。



仲介の不動産会社が、あわてて取り繕って、


丸く収めたり、費用を持つことになる場合がある。


 


なぜ、仲介会社はこのように下手に出るのかといえば、


売主が物件を提供するから、


彼らの仕事があるわけですので、仲介の不動産会社は、


売り主の機嫌を損なわないようにするのです。


 


さらに、物件管理の委託先を引き継がせてもらえないかと相談すると、


何やら、俺が口をきいてやらないとダメだとか。



俺が頼んで何とかしてやるよと、売り主は放漫な態度をみせる。


 


それでは結構ですと言ってしまえば、


これから、管理会社を新たに、探し当たらなければならない。




たぶん、管理会社と管理は引き継げるようにすると約束していたのでしょう。



でも、もう頼みません。管理会社は新たにこちらで見つけるようにしますね。


 


あまりに酷い態度に、それじゃこの物件はいりませんと言ってしまえば、



さすがに、物件は買えなくなる。



これは、不動産は他の商品と違って、


代替性が利かないものであるから商談が流れると、


同じような物件が出てこない可能性がある。


 


不動産取引には、売り主の数は少なく、


買主はたくさん現れる業界です。



中古物件は特にこの傾向が強くなる。



なので、仲介会社は売主主導で、話を進めていきます。


 

つまり売主一人に対して、不特定多数の買主という構図になります。


 

偉そうといえば、大企業の元役人です。


 

やはり偉そうにしています。


 

こちらとしては、相手が役員だろうと、政治家だろうが、



まったく、相手を偉いとは思いませんが、




この方は、自分が上場会社の役員だという肩書が、



一般に利くと思っている。


 


こんなに良い物件を譲るのだと何度も言います。


 


そんなに大した物件ではありません。




さらに、事務屋はダメだとか、



いきなり、自分がいかに偉い仕事をしているのか、



勝手に話し出します。



買主が若いせいか説教モードになるのですね。



挙句の果てに売るのが惜しいとか言っている。


 


それじゃこの物件はいりませんといえば終わってしまう。


 


普通の商取引では、買主であるお客さんを、神様とみなして丁寧に、



大切に扱いますが、不動産取引では売主を神様扱いするようです。


 


不動産取引には、買主は、いくらでもいるわけです。



もちろん売主が、売りを辞めるとすれば、


この話は、なくなってしまいますね。



つまり、仲介会社の仕事がなくなるわけです。


なので困るのですね。


 

買主が、買いを辞め手も、


別の買主を探せばいいだけですので、


仲介会社の仕事自体はなくならない。



特に専任の場合はこの傾向が強い。



これはおかしな話ですが、不動産業界では物件を持っている人、


つまり、売主が絶対的と、考える向きは古くからあります


 


買主の方はそうとも知らずに、そこで切れてしまえば、


物件が買えないわけです。




買えなかったことによる、これから入る家賃収入の取りはぐれのほうが、


大きいのかもしれません。




これを見誤る買主が多い。



通常は、お金を払う側が優位とされますが、不動産業界では、



主導権を握るのが、売主や売り主側の業者です。




実際、不動産売買契約の締結においても、


購入者の、自宅や取引銀行ではなく、


売主側の事務所で行ったり、


売り主側の取引銀行支店で、


行われることが多い。




買主は売主側の取引銀行に、


出向かなければなりません。



不動産投資はお客様は神様ですとはならない可能性があります。



買い手よりも売り手が偉いのは不動産業界だけかもしれません。









サイト最新記事LINK集
賃貸事業の確定申告(不動産投資の確定申告)アパート経営の確定申告、税金納付方法

アパート建設で大切なことは空きが出ない部屋(賃貸事業は収支を合わせることが大事)

持っている土地を維持する費用はどうやって払う(持ってるだけで維持費用がかかる土地)

信託銀行は不動産投資に使えるか

アパート建設と戸建建設(アパート投資と戸建投資の違う点)

リフォームよりもリノベーションをする(リノベーションを極める)

アパート経営というのは儲からないようにようにプログラムされている

隣との土地の境界はどうする

借入金は節税にどう影響するか、キャッシュフローはどうなる

土地は経費にならない






サラりーマン大家さんTOP


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク