サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


法改正の結果は法人と個人にどのように影響する | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
法改正の結果は法人と個人にどのように影響する

法改正の結果は法人と個人にどう影響するについて詳しく

 

 

 

 

 

 

 


不動産に関する法律が変わってしまうことで、

 

 

 


予期せぬ事態が発生することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

最近の法改正には、不動産取得税の軽減措置があります。

 

 

 


これは、賃貸用不動産の取得では使えませんが、

 

 

 


ある一定の要件を満たせば、居住用不動産の取得税が、

 

 

 


軽減されるというものです。

 

 

 

 

 

 

 


税金が下がりますので、それだけ必要経費が減って、

 

 

 


住宅が買いやすいという状況を生みます。

 

 

 

 

 

 

 


また、少し前に、不動産の損失の一部を、

 

 

 


損益通算できないようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

かつては、不動産投資で、赤字が出た場合、

 

 

 


その赤字分は、他の所得と相殺できたのですが、

 

 

 


今は法改正されて、土地部分の支払利息分の赤字は、

 

 

 


他の所得から引いてはいけないことになっているわけです。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、不動産事業で赤字が100万円あり、

 

 

 


そのうちローンの支払利息が30万円あったとします。

 

 

 

 

 

 

 

支払利息は按分して、土地部分が15万円、建物部分が15万円だとすると、

 

 

 


土地部分の15万円の赤字を除いた85万円(100−15万円)だけが、

 

 

 


他の所得の黒字と相殺できるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

残りの土地部分の15万円は相殺されないわけです。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、これは個人事業だけの特別なもので、

 

 

 


法人ではこのような区分けはありません。

 

 

 

 

 

 

 


これは、個人が営んでいる事業で、不動産と他の所得を分けて、

 

 

 


しかも土地部分の支払利息の赤字だけ損失として、

 

 

 


認められないようにしたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法人はすべて損益通算できるのに、個人は所得を分けて垣根を設けて、

 

 


こっちの損失は、こっちの儲けとは別というのは個人に対しては、

 

 

 


厳しくしようというものです。

 

 

 

 

 

 

 

こうした法改正は、本来控除できた赤字が控除できず、

 

 

 


法律によって、自己負担を強いられる事態になります。

 

 

 

 

 

 

 

さらに、賃貸経営の赤字や、アパートを取得した場合の赤字を 

 

 

 


次年度以降、個人の場合は、3年間まで繰り越して、

 

 

 


黒字の所得と通算できます。

 

 

 

 

 

 

 


しかし、法人の場合はこの繰り越し期間を7年間、

 

 

 


次年度以降の黒字の所得と通算できるのです。

 

 

 

 

 

 

 

損益通算は、個人と法人とでは違ってきますので、

 

 

 


日頃から注意しておかなければ、資金計画にも影響が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

こうした法改正は、事前にリスク対応できないものですが、

 

 

 


政府の法改正は事前に把握できますので、

 

 

 


できるだけ早く法改正の動きを察知して、

 

 

 


対策をとっておきましょう。




個人と法人とでは違うといえば、減価償却の仕方です。

 

 

 

 


つまり、個人は強制償却で、

 

 

 


法人は、任意償却になっている点がありますね。

 

 





関連記事
小さな会社を複数作る(1物件につき1法人を設立する)

サラリーマン大家さんの、法人税

アパートを個人と法人のどちらで建てる

法人にした場合の税金の額はどうなるか

法人化するための分岐点と目安。

土地を取得するための借入金利息(自宅併用の場合)

不動産 損益通算

事業所得の損益通算

土地等を取得するために要した負債(借入金)の利子

法改正は法人と個人とは違う点がある(法改正によって個人と法人の違う点)

確定申告と減価償却

純損失の繰越控除と、純損失の繰り戻し還付

減価償却の赤字分は繰り越せるか、(なぜ法人は減価償却しなくていいのか)

自宅を貸家に転用した場合の減価償却計算

減価償却費と、割増償却制度

定率法か定額法か

自宅は減価償却する

なぜ賃貸住宅(アパート、団地、古家)に住んでポルシェ(ベンツ)に乗るのか

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク