サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸物件のリノベーションの費用目安計算 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸物件のリノベーションの費用目安計算

賃貸物件のリノベーションの費用目安計算あれこれ

 

 

 

 

 

 


賃貸物件リフォームやリノベーションは、満室にするためのリフォームと、

 

 

 

賃料アップするためのリノベーションに分かれるものですが、

 

 

 

賃貸事業のリフォームやリノベーションを考えた場合、

 

 

 

収支計算が当然そこにはあります。

 

 

 

 

 

 

リフォームは、アパートや賃貸マンションの1室なら、

 

 

工事費は家賃の10か月分以内が妥当かと思われます。

 

 

 

 


例えば家賃7万円の部屋なら、70万円くらいまでの感じです。

 

 

 

 


もちろん、この金額では全面リフォームまでは考えていませんので、

 

 

 

賃料アップを狙うというよりは、部屋を埋めるためや、

 

 

 

満室にするためのリフォームになります。

 

 

 

 

 

 

 

リフォームの優先順位をつけるとすれば、

 

 

 

 最も優先順位の高いのは間取りです。

 

 

 

 

 

 

 

特に古いマンションでは、3DKや2DKが多いのですが、

 

 

 

これを1LDKにする方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

古い一戸建てや、連棟式の古い建物は、

 

 

細かく部屋を区切っているケースが多く、

 

 

間仕切り壁や、収納を取り払って、

 

 

一つの大きな部屋にした方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

次に床です。

 

 

 


床は、室内空間で占める面積が大きく、

 

 

 

イメージが大きく変わります。

 

 

 


そのためできるだけフローリングを貼ります。

 

 

 



第3に水回り。

 

 

 

 

 

これは女性が気にする部分で、特にキッチンと、


浴槽(バスタブ)入れ替えが重要です。

 

 

 

 

 

 

ここまでがリフォームです。

 

 

 

 

 

 

 

賃料アップが可能な場合は、もう少し予算を増やして、

 

 

リノベーションを行うことになります。

 

 

 

 

 

 

リノベーションの工事費用は、戸建ての場合、

 

 

 

延べ床面積100平米の2階建てで300万円がマックスです。

 

 

 


これで、屋根、外壁、サッシ、浴室、トイレ、


洗面所、給湯器などをやり替えます。

 

 

 


壁の補修は断熱材を入れることも。

 

 

 


区分所有マンションのリノベーションは、

 

 

200万円が目安です。

 

 


リフォームは費用ですが、リノベーションは、

 

 

 

建物の寿命を長くする投資と考えて積極的に行う必要があります。

 

 

 



特に、1981年の「新耐震基準」以前に建てられた建物は、

 

 

 

リノベーションが効果的です。

 

 

 

 

 

 

 


リノベーションと、リフォームを効果的に組み合わせて、

 

 

 

一度リノベーションをやった後は、次の入居者の入れ替え時には、

 

 

 

簡単なリフォームで済ませることができますし、

 


キャッシュがある程度貯まった段階で、

 

 

 

 

リノベーションをして、入居者を付け、

 

 

 

その時は、一時的に自己資金が少なくなるので

 

 

 

キャッシュが貯まるまで、リフォームで間に合わせ、

 

 

 

キャッシュが貯まってくると、

 

 

リノベーションをすることも考えられます。

 

 

まぁ、キャッシュは物件を購入するときに使うために温存して、

 

改修費用はローンを組むことも考えられますが、その場合は、

 

日本政策金融公庫や銀行の信用保証協会付融資がいいでしょう。

 

 

なるべく、セルフリフォームして、

 

キャッシュの出費を抑えることも考えるべきでしょう




リノベーションと、リフォームを組み合わせて行くことで、

賃料は下がらず、築年数に関係なく長く賃貸経営が可能になりますね。

 





関連記事
賃貸物件のリノベーションの費用目安計算

中古住宅で儲けるためには

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク