サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


家賃を下げても決まらないときはどうする | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
家賃を下げても決まらないときはどうする

家賃を下げても決まらないときはどうする




一戸建ての賃貸住宅というのは数が少ないので、


一部のアパートや、マンションにあるような、

 

1年間以上空いてしまうというような状況は、

 

あまり起きなかったのですが、

 

最近は一戸建てであっても、家賃を下げても、

 

 

決まらない物件が出ています。

 

 

 

 

家賃を下げても決まらない物件はどうすればいいでしょう。

 

 


不人気な物件は、たとえ新築でも、

 

 

 

 

1年以上募集し続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

したがって、今後は、連れ合いをなくした高齢者や、

 

 

 

 

未婚の60代以上を入居者に想定して、

 

 

 

 

部屋作りをしていけないか、高齢者対策をしていくことが、

 

 

 

空室対策には、重要なポイントだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

若者には大人気のフローリングの部屋は、

 

 

 

 


お年寄りには逆に不人気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今が畳の部屋なら、フローリングに変える必要はなく、

 

 

 

 


そのまま残しておけばいいのですが、

 

 

 

 


逆に、フローリングの部屋は、今のお年寄りは、

 

 

 

ベッド生活が増えていますので、

 

 

畳の部屋に変える必要もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足腰が弱って車いす生活になることを想定して、

 

 

 

 


段差をなくしたバリアフリー対策をして、

 

 

 

 


トイレやバスタブ、玄関先に手すりを付けて、

 

 

 

 


募集要項に特徴としてそれを明記して募集するといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賃貸住宅で、今後、唯一勝機があるとすれば、

 

 

 

 

高齢者にターゲットを合わせた、バリアフリー仕様、

 

 

 

 

高齢者向け賃貸住宅やサービス付き高齢者向け住宅だと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昔前までは、身寄りのないお年寄りや、

 

 

 

 

高齢独身者は招かれざる客として大切に扱われませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大家さんの中には、高齢者の入居を拒んできた人もいます。

 

 

 

 


保証人がいない人ならなおさらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火の不始末や、万一のことがあった場合、

 

 

 

 


誰が責任を持つなどの問題がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからといって、老人の入居を拒んでいてばかりでは、

 

 

 

部屋は埋まりません。

 

 

 

 

 

 

 

もっとも、要介護認定を受けて介護施設と契約をしている入居者なら、

 

 

 

 


介護職員が見回りにきますので、心配は少ないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訪問看護、訪問介護等の在宅サービスを受けていれば、

 

 

 

 


定期的訪問のため、不安は少ないと思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アパートの入居者は独身の若者という先入観は捨てるべきですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、家賃を下げても決まらないときには、

 

 

 

高齢者をターゲットにすると埋まるかもしれません。

 

 


訪問看護、訪問介護等の在宅サービスを受けることを条件に、

 

 

 

入居を許可すると言うことも考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

これからは、老人の入居を拒まず、

 

 

 

大切な入居者として扱う必要が出てくるでしょう。

 

 

家賃を下げても決まらないときは高齢者をターゲットにしましょう。

 

 

 

余談になりますが、サービス付き高齢者向け住宅とは、

高齢者住まい法に規定された、
都道府県に登録された、

 

 

高齢者向けの賃貸住宅で、

居室の最低面積、バリアフリー対応、安否確認、

生活相談サービスの提供などが義務つけられています。

 

 

従来の高円賃(高齢者円滑入居賃貸住宅)、

 

 

高優賃(高齢者向け優良賃貸住宅)高専賃(高齢者用専用賃貸住宅)を、

すべて廃止して、サービス付き高齢者向け住宅に一本化されています。

 

入居者の対象は、身体能力の低下等により自宅での生活は不安であるが、

高齢者施設に入る程ではない高齢者の入居が想定されています。

 

 

大家さんが都道府県に登録する必要があり、

 

 

登録のためには、、設備基準(25平米以上、各戸にキッチン、トイレ、

収納設備、洗面所、浴室を備えてバリアフリー対応)の他、

少なくても、安否確認、生活相談サービスを提供すること、

高齢者の居住の安全が計られた契約であること、

前払家賃等の返還ルール及び保全措置が講じられてる必要があります。

 

 

そして国の方針として、このサービス付き高齢者向け住宅に、

 

 

平成23年改正の介護保険法により創設された、

24時間対応の定期巡回・随時対応サービスを併用することにより、

(地域密着型サービスの一つとして、重度者をはじめとした、

要介護高齢者の在宅生活を支えるため、日中・夜間を通じて、

訪問介護と訪問看護が密接に連携しながら、

短時間の定期巡回型訪問と随時の対応を行う)ことを、

併用することにより、

介護・医療との連携を図ることとしています。

 

ちなみに、サービス付き高齢者向け住宅は基本的に賃貸住宅であり、

借地借家法等が適用されるようになっています。(Wikipediaより引用)

 

 




関連記事

空室対策の決め手


デイサービス賃貸経営、デイサービスなら1件でも経営できる

高齢者夫婦世帯の貸家、高齢者の住宅

家賃を下げても決まらないとき

サービス付き高齢者向け住宅(経営)は、自己資金が少なくても始められる

 

民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業と新たな住宅セーフティネット制度

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1487
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク