サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


キャッシュと利益を近づける(キャッシュフロー計算書は現金主義会計)   | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
キャッシュと利益を近づける(キャッシュフロー計算書は現金主義会計)  
キャッシュと利益を近づけるについてあれこれ




会計を知らなくてもだれでも自然に身につけている収支計算があります。



住宅を貸して家賃をいただく、そのために使ったさまざまな費用を、


その中から支払う。

 

利益とは、これらの支払いのすべてが終わったあとに、


残ったお金を指すということは、誰でも知っていることですよね。

 

古くは、現金収支がそのまま損益の計算になっていたわけですが、


現在は、その連続する活動を暦で区分して、


年度ごとに締め切って成果をださなければなりません。

 


なので、収入や支出を発生させる事実が起きたときに、


収益や費用があったとして1年間の利益を計算します。

 

これが発生主義といわれるものです。

 


しかし、この方法をとると、お金の受取りや支払いがなされる時と、

 

それらが、収益や費用となるときとが異なることになります。

 


今期に費用が発生したのに、支払いは来期になるということがあったり、


今期利益があっても、現金の受け取りは、来期になることはよくあります。



その逆もあります。



現金を受け取っているのに利益計上は来期になる。


現金を受け取っていないけれど、今期の利益に計上しなければならない。


現金を払っているのに、費用計上は来期になるということが起こります。

 

 


その結果、申告書にあらわされる損益の数字の動きと、


実際のお金の動きとが合わなくなり、


利益が上がっているのにお金がないということになる。

 


なので、キャッシュと利益を近づけることが必要になるわけですが、


それは、損益の数字の動きと、実際のお金の動きとを、


結びつける現金主義でも同時にやることになります。

 

これがキャッシュフロー計算書であり現金主義です。

 

発生主義で計算されて出てくる利益は、


実際に手元にあるキャッシュとは違うものです。

 


毎年何とか、決算上は利益が出ているのに、


実際の資金繰りは苦しく、


いつも資金が不足しているというような事業は


遅かれ早かれ立ち行かなくなります。

 


これはキャッシュではなく、利益で経営をしているからです。

 

もっとも、利益が上がれば、


その分の現金がなければならないと考えるのは、


素人の発想だというのかもしれません。


 

しかし、お金がなければ事業が営めませんので、


非常にややこしくなってしまいます。


 

なので、もし決算書がキャッシュとは完全に切り離されたものであるのなら、


実際の経営には使えない無用の計算書ということになります。


 

あらゆる経営は、キャッシュで行うことが大切だと思います。








関連記事
確定申告、現金主義会計(賃貸経営と現金主義会計)について

買った時点で経費に計上する

キャッシュフロー計算書の分かり易い作り方(帳簿上利益,キャッシュ利益)

賃貸経営はキャッシュベースで考える

セミリタイアを達成してみて、(家賃収入と手取り収入は違う)

晴れているときに傘を借りる

お金の出費をあまり伴わない中古車で節税(4年落ちの中古車なら1年で償却)

大家さんがやらなくてはならないこと (現金の流れを把握することです)

実は、大家さんはいつでも倒産体質(不動産投資そのものにそもそも欠陥がある)

黒字倒産を防ぐ対策

満室でも倒産する、黒字倒産の仕組み

キャッシュと利益を近づける(キャッシュフロー計算書は現金主義) 

勘定合って銭足らずとは、理論と実際が一致しないことです

キャッシュフロー表について

キャッシュフロー計算書の書き方について


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1503
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク