サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


出来るだけ多く借りるにはどうする | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
出来るだけ多く借りるにはどうする
出来るだけ多く借りるにはどうするあれこれ

 


不動産投資は不動産賃貸業というビジネスなので、


いつも不動産を担保に入れて融資を受ける必要はありません。

 

事業の内容が良ければ、不動産を担保にして融資を受けなくても、


無担保のビジネスローンを受けたほうがいい場合もあります。

 

 

銀行借り入れで出来るだけ多く資金を調達したいときには、


銀行の数を増やす必要も出てきます。

 


銀行の数が増えれば、その分資金調達の枠は増えます。

 


例えばビジネスローンは、担保なしの融資が前提です。


これは信用と呼ばれるのですが、


1社にどこまで信用を許容するかは限度があります。

 

今取引しているところへ行って、あと500万円や、


あと1000万円と、どんどん追加融資を、


申し込むことができるでしょうか。


 

それをすれば、一つの銀行の融資限度枠はすぐ埋まってしまいます。

 

一つの銀行から、3000万円ビジネスローンを借りているとき、


追加で2000万円借りられるかとなれば微妙です。

 


銀行の信用枠がそこまであるとは限らないですから。



なので、こういう時は、取引銀行を増やす。



そうすることで、新たな信用枠を獲得することが可能になってきます。


 

取引銀行を増やすといえば信用保証協会経由で融資を受けると、


メガバンクとも取引が始められます

 

融資を引き出すには、一行集中よりも、分散させることで、


より多くの融資枠を獲得できるようになるために、


複数の銀行と積極的に取引した方が有利になります。

 


 

ちなみに、銀行も今までと違って、


銀行も新たな取引銀行を参入させることに対して、


難色を示すことが少なくなりました。

 


一行で融資しているよりも、複数の銀行で融資している方が、


リスクは分散されるわけですから、銀行にとっても、


むしろ歓迎すべきことでないと考えることができるのですね。

 


どんどん取引銀行を増やして、


資金枠を多く獲得するようにしましょう。





短期間に物件を増やして早期リタイアに持っていくには


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク