サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


追加融資を受けるための担保余力の計算 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
追加融資を受けるための担保余力の計算
追加融資を受けるための担保余力の計算について



追加融資を受けるときには、担保余力が必要です。


そのためには、物件購入時の融資内容を見る必要があります。

 

例えば、購入した当時の物件の評価額が5000万円で、


金融機関から3000万円の融資を受け、


そのうち2000万円の返済が終わっているとします。

 

現状の担保評価額は、5000万円−(借入金3000万円


−返済額2000万円)=4000万円です。

 

もともとの評価額が5000万円であれば、


そこから返済し終えていない1000万円を、


差し引いた金額の4000万円が、


現状の担保評価額になります。

 

そこに、現状の評価額に一定の割合をかけて算出した金額が、


担保余力です。


この一定の割合のことを担保掛目といい、


金融機関やローンの種類によって異なりますが、


だいたい70%位です。



この担保余力を知ることで、


自分はどれくらいの資金調達が可能なのか、


見当が付きます。

 

担保掛目を70%として計算すれば、4000×0.7=


2800万円が担保余力となるわけです。

 

注意することは、金融機関は担保余力を、


簿価ではなく時価で見ることです。


 

時価で評価するとは、土地の担保余力を、


その時の固定資産評価額や路線価を用いて評価します。

 

建物の時価は、その建物をもう一度立てた場合の再調達価額から、


経過年数分の減価償却した後の未償却残高になります。

 

つまり、金融機関が見る担保余力とは、


土地の時価(現在の固定資産評価額や路線価)と、


建物の時価(未償却残高)を加えたものになります。

 

借入額と銀行の時価評価額との差が担保余力になり、


融資を受けるときの担保に使えます。


 

その物件を当初買った際に融資した銀行は、


抵当権を付けています。


 

次に融資を受ける場合は、


その担保余力に第2順位の抵当権をつけることで、


融資を受けられるようになるのです。





関連記事
追加融資を受けるための担保余力の計算

不動産投資ローン対策


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク