サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


大家さんがやらなくてはならないこと(現金の流れを把握することです) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
大家さんがやらなくてはならないこと(現金の流れを把握することです)

大家さんがやらなくてはならないこと(現金の流れを把握することです)について詳しく




大家さんがやらなくてはならないことは、


現金の流れをつかむことだと思います。


 

ちなみに、貸借対照表に載っているもののうち、


本当に信用でき、使えるものは現金と預金だけです。



賃貸経営というものは、現金さえあれば、


どんなに赤字でもつぶれません。


 

反対に、どんなに黒字でも、現金がなかったらつぶれます。


 

通常、決算は何日も費やして、ようやくまとまります。


その中で、手元にある資金というものは、


その瞬間瞬間に在り高を明瞭につかむことができます。



 

自分で自由に使えるお金であるキャッシュが、


リアルタイムで把握できていなければ、


変化の激しい経営環境の中で、


賃貸経営をしていくことは難しくなります。


 


なので、さまざまな会計上のプロセスを通じて計算された、


帳簿上の利益を持つのではなく、まぎれもなく存在する、


キャッシュに基づいて、賃貸経営のかじ取りを行うべきなのです。


 

賃貸経営を、いかにして、


キャッシュベースとしていくのかということを、


中心におくべきです。


 


なので、経営者は、事業の資金の流れを、


きちんと把握しておく必要があります。


 

大家さんに必要なスキルは、キャッシュフローの分析です。



 

ところで、資金の流れを把握するのに、


便利な帳票はキャッシュフロー計算書があります。





キャッシュフロー計算書は、現金主義会計で、


お金がどのような経緯で増えたのか、


あるいは、減ったのかその理由を説明する資料です。


 

大家さんがキャッシュフロー計算書を、


自分で作ることができるようになることが、


大家さんに唯一必要なスキルです。


 

賃貸経営をするにあたって一番大事な能力はなんでしょう。


 

当然、資金調達能力です。


 

資金の調達能力がなければ、どんなにお金があっても、



賃貸経営だけでなくどんな事業経営も失敗します。


 

利益と現金の動きはイコールではないことはわかっている。

 

しかし


この流れを把握できる大家と、把握できない大家では、


経営に決定的な差が出ます。


 

もっとも、キャッシュフロー計算書を作るのに、


経理の知識や、簿記の知識など一切不要ですし、


足し算と引き算ができる程度なら作れます。


 

キャッシュフロー計算書をきちんと提示することができれば、


銀行との交渉が門前払いということはありえませんし、


銀行も一目置きますし、交渉しやすく、融資は通りやすくなります。


 

基本は、前月末より今月末の方が現金が増えていることを、


いつも心がけることになります。




そもそも、きちんとした利益がなくては、


自分の生活も安定しません、家族の生活を守れませんし、


税金も払えず、国民も国も豊かになれません。


 

なのでとうてい、入居者に安全な住居を、


提供することができません。


 


儲かったお金はいくらあるのか、


その中で、所得税、住民税を払えば、


どれだけ自由になる資金があるのか、


経営者が、決算書を見るたびに、


常に胸に呼び起こさなければならない大切な問いかけが、


キャッシュの把握だと私は思います。





不動産投資のキャッシュフロー計算書

1、所有物件営業キャッシュフロー       
 家賃収入  400  
 新規物件購入支出    −100
 広告費    −  5
 消耗品支払    −  5
 修繕費等支払     −150
 通信費    − 10
 差引 所有物件営業キャッシュフロー   130  
 2、投資キャッシュフロー    
 投資有価証券の取得による支出    − 10
 小計    − 10
 差引 投資キャッシュフロー    − 10
 3、財務のキャッシュフロー    
 借入  1 00  
 返済    − 50
 差引   財務キャッシュフロー   50  
 現金及び現金同等物の増減額    170  
 現金及び現金同等物期首残高   50  
 現金及び現金同等物期末残高  220   





キャッシュ・フロー計算書の中身について

 

1、営業活動によるキャッシュフローは、

 

賃貸事業によるキャッシュの増減を表します。

 

これがプラスの大家は、本業で利益が上がっています。


キャッシュが増えている証拠です。

 


2、投資活動によるキャッシュフロー


設備投資や、有価証券等の投資などの収支です。


投資活動によるキャッシュフローは、

マイナスでも問題ありません。



3、財務活動によるキャッシュ・フロー


営業活動や投資活動を行っていくうえで、


どのくらい金融機関などから不足した資金を、


調達したか又は返済したかを表しています。







関連記事
確定申告、現金主義会計(賃貸経営と現金主義会計)について

キャッシュフロー計算書の分かり易い作り方(帳簿上利益とキャッシュ利益)

不動産投資、とりあえず現金出納帳と預金出納帳は付ける

不動産投資、本当に残るお金はいくら?

キャッシュと利益を近づける(キャッシュフロー計算書は現金主義) 

大家さんがやらなくてはならないこと(現金の流れを把握することです)

キャッシュフロー計算書の書き方について


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1518
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク