サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


属性が劣っていて、自己資金の少ない人は、自宅を担保に入れることで不動産投資が可能になる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
属性が劣っていて、自己資金の少ない人は、自宅を担保に入れることで不動産投資が可能になる
属性が劣っていて、自己資金の少ない人は、自宅を担保に入れることで不動産投資が可能になるあれこれ。





勤務先、勤続年数、年収等の属性が劣っていて、



かつ、自己資金が不足している方でも、



自宅担保に入れることで、不動産投資を、



始められるようになると思います。





ご自宅や土地をお持ちの方で、その土地や建物に、


抵当権がついていない場合、その自宅を担保にすることで、


結果的に自己資金を減らすことができると思います。

 


抵当権がついているのならローンを借り換えて、


新たに借り換え先で、根抵当権でローンを組めば、


繰り返し使えて便利です。




ちなみに、借り換え先で、根抵当カードローンの商品があれば、


枠を設定しておけば、その枠の範囲で繰り返し使えます。


自宅を担保にすることで、融資を多く利用することが可能となるのですが、


自宅に担保を付けることに対し、ためらわれる方が多くいらっしゃいますが、


自宅を売却するつもりがなければ、それほど問題にはなりません。

 


当然、融資の返済が怠ってしまい、抵当権を行使されてしまうと、


購入した不動産だけでなく、抵当権を付けたマイホームを、


失ってしまいますが、自己資金が少ないときには少しでも有効です。

 


抵当権が設定されても支払いさえきちんとしていれば、


他人の手に渡ることはありません。


 

不動産投資をするにあたり所有している自宅や、


土地を担保に入れることは、リスクが伴うと考える人もいますが、


眠っている資産の価値を換金できるということになります。

 


もっとも、様々な金融機関で不動産担保ローンといわれる商品が、


用意され、利用もできますが、もともと、不動産担保ローンの金利は、


高く設定されています。


 

しかし、不動産担保ローンといっても、単なる金銭融資でなく、


不動産を購入するときに限り、


低金利で融資を受けられるというメリットがあります。

 

 

所有している自宅や土地を眠らせずに活用するということは、


眠っている資産の活用ということで、


理にかなった投資法だと思います。


 

もっとも、土地を所有しているのなら、その土地の上に、


アパートやマンションを建てるようなケースは、


建物相当額ぐらいの融資は受けやすく、


自己資金の少ない方でも不動産投資ができると思います。







関連記事
属性が劣っていて、自己資金の少ない人は、自宅を担保に入れることで不動産投資が可能

新 サラリーマン大家さんになるには





スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク