サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資は無理をしない | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資は無理をしない

不動産投資は無理をしないあれこれ

 




不動産投資では一般的に物件が増えるにしたがって、


楽になるという人もいます。

 

しかし、逆に1件目よりも2件目と物件が、


増えるにしたがってリスクも増えることにもなります。

 

 

銀行もその点はよくわかっており、2件目よりも3件目と、

 

数が増える方が融資のハードルを上げています。

 

 

対応策は物件価格とキャッシュフローのバランスを考えることです。

 

そして無理があるようだったら、買わないことです。

 


他の人がドンドン買っていると、


自分もつられて買ってしまいがちになりますが、


不動産投資は、生活に必ずしも必要なものではありません。

 

 

既存物件の利益が積みあがっていなく、

 

余力がないのに、無理して買ってしまえば、


生活が犠牲になりかねません。

 

 

もっとも、税金対策や、節税でどうしても、


購入しなければならないなどの事情がある場合は話が別ですが、


無理をしてまで買わないことが大事です。

 


必要最低限の物件数で、

 

生活のために働かないでよい状態が得られるのなら、

 

それが一番です。

 

 

お金のためにやりたくない仕事はしないというのが、


最低限の経済的自由であって、その状態であるのなら、


リスクを冒してまで、物件数を増やさなくてもいいと思います。

 

 

あくまでも、不動産投資は余力を残すことを第一目標です。

 

 

そうでなければ後になって、悔いを残すことになりかねません。

 

 

物件数が多くてよいのは、人に自慢するぐらいのメリットしかありません。

 

少ない物件数で生活が成り立っているのなら、それに越したことはありません。

 

 

生活と、キャッシュフローのバランスをきちんと考え、


余裕が出てくるまで待って、徐々に買って行くことが、

 

失敗しない不動産投資だと思う。

 

 





関連記事
借り入れが少ないと、少ない物件数でもリタイアできる

不動産投資はムリ(無理)をしない

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク