サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不労所得があっても働く必要があるのだろうか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不労所得があっても働く必要があるのだろうか

不労所得があっても働く必要があるのだろうかあれこれ

 

 

 

 

働くことは苦痛が伴うため、


できれば働きたくないと思っている人は多いはずです。

 

 

 

しかし生活のためにどうしても働かなければならない人もいます。

 

 

大家さんなると、家賃収入で生活費が賄えるのであれば、


働く必要はありませんが、自分が資産家の家に生まれ、


働く必要がないとしたらどうでしょうか。

 


たまにならいいでしょうが、毎日何もしないで、


家でゴロゴロしていると嫌になってくるだろう。

 

 

労働とは単に給料をもらうために働くというだけではないと思います。

 

 

単に、生活をするための糧を得る手段ではなく、


日々懸命に働くということは、精神修養の効用があって、


人間性を高めていくことができるという素晴らしい効果があると考えます。

 


不労所得があっても働く必要があると私は思います。

 

 

毎日、現場で平々凡々に働くことが、

 

人生を好転させる修業になると考えます。

 

 
人の下で働くのがいやなら、起業して人を雇う方向に持っていけばいい。

 

 

生活のために、やらされていると思うと苦痛が伴います。

 

 

ただいえることは、努力して、自分の仕事を好きにならなければ、


絶対に成功しませんし、素晴らしい仕事などできるはずがありません。

 


とはいっても、私の場合でも、

不動産投資でお金を稼ぐようになるまでは、

与えられた仕事を粛々とこなすことに、

抵抗は全くないとは言えませんでした。

 

 

それでも、従順に頑張ってきました。

 

組織の中で生きるサラリーマンとして、

当然のことだと考えていたからです。

 


ですが、不動産投資で稼ぐことができるようになると、


その考え方は変わります。

 


人に使われなくても稼ぐことができるのですから、


意に沿わぬ指図を受けることが、

 

徐々に苦痛になってくるのです。

 

以前にも書きましたが、


お金のために、やりたくない仕事はしないというのが、


最低限の経済的自由ですが、


会社には仕事ができると思って威張っている人は確かにいますし、

 

若い者には横柄な口をきいて相手にしないとか、


相手を見て態度を変える上司、そのような謙虚さのない人や、


尊敬できない上司が確かにいました。

 


しかし、不動産投資からの不労所得があれば、生活のことを考えずに、


堂々と渡り合うことができるようになりました。

 

 

働く環境を良くするためにも、社会を良くするためにも、


社会とつながっているためにも、自分自身を磨くためにも、


不労所得があっても働くことは大事だと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

サラリーマン生活と不動産投資

不動産投資以外の収入を得るべきか

就職せずに家賃収入だけでやってもいいのか

不労所得があっても働く必要があるのか

不動産投資以外に、別の収入源ができてからリタイアする


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1542
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク