サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


命がけの不動産投資は必ず失敗する。 余裕のある状態で不動産投資をする | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
命がけの不動産投資は必ず失敗する。 余裕のある状態で不動産投資をする

不動産投資はどんな人でも必ず成功する
成功してもしなくてもよいという状態をつくる

家庭も賃貸業も入ってくるお金と出ていくお金のバランスが大事
実は家賃収入だけで生活している人は少ない

総投資額や総家賃収入は気にしない
不動産投資の最大のリスクは内部留保の不足

不動産投資以外に、別の収入源ができてからリタイアする

命がけの不動産投資は必ず失敗する
リタイア後の賃貸経営で家族を養っていけるのでしょうか


命がけの不動産投資は必ず失敗する。 余裕のある状態で不動産投資をするあれこれ

 

 

 


命がけの起業は必ず失敗すると言われます。

 

不動産投資も同じことだと思います。

 


では、どういうときに不動産投資をするべきか

 


私は、十分準備をして、余裕ができてから、

 

不動産投資をすべきだと思います。

 


常にお金のことについて心配しなくても、


安心して仕事をできる状態です。

 

 

つまり、不動産投資は、何かで自信と結果を身に付け、


金銭的、精神的にも余裕がある人がするのが、


ベターだと思っています。

 

失敗しても他から補てんできる余裕のある状態になった人です。

 

生活のための投資、食費を稼ぐための不動産投資は、


難しいです、失敗します。

 

不動産投資をお勧めするのは、不動産でお金が入っても、


そのお金は使わなくてもいいというくらいの余裕が持てる人です。

 

資産形成で失敗する典型的な人は、


投資をお金持ちになる一番楽な方法だと思い、


すぐにでも、お金が入ってくると思い込んでいる人です。

 

何か、ひとつトラブルがあると、


冷や汗を流さざるを得ないような、


経済的にギリギリな人です。

 

 


資金に余裕がないと支払いに余裕が持てないために、


銀行から目いっぱい借りてしまい、


もうこれ以上借り入れができない状態になってしまいます。

 


すると、ローンの返済期日に間に合わせるために、


金策に走り回わるようになります。

 

 

何か、部屋で水漏れのような事故が起きたとき、


適切な対応ができなくなり、入居者から不満がでます。

 

 


そうなると新たに入居者を入れられなくなり、


それが建物全体に波及します。

 

そんな管理のされていないマンションからは、


人が退去していきます。

 

 

こうなると、マイナスのスパイラルに陥りやすく、結果として、


誰も住みたがらないマンションを持つことになってしまいます。

 


もし、修理に多額のお金が必要なったりした場合、


もう一円も借り入れすることができない、


運よく借り入れができたとしても、


こんどは、返済期日に追われるようになります。

 

 

 

お金の心配ばかりして適切な対応ができなくなります。

 

 

 

余裕のある状態で不動産投資をするとは、


常に余裕のあるときが崖っぷちだと思って、


もう一歩も引けないという気持ちで、


不動産投資をするということを私は考えています。 

 


例えば、納期を例にとると、


納期に合わせて仕事をすると考えるのではなく、


納期の例えば一週間前を期限に設定し、


これを瀬戸際と考えて、渾身の力を振り絞って、


その期日を守ろうとすることです。

 

 

今ここで言えることは、


余裕のあるときに全力で行うのは、


非常に厳しい言葉ですが、これは、


実は、不動産投資に限らず、事業経営の基本なのです。

 

 

そうすれば、万一予期しないトラブルが発生しても、


まだ納期まで余裕があるため、


十分な対応が可能となり、


相手に迷惑をおかけすることはありません。

 

 

 

このように私たちは、常に補助リミットを設定しておきながら、


確実に事業を進めていく必要があります。

 

 

 

商店主や中小零細企業の経営者は、

 

売上代金の回収が遅れたり、


銀行返済の期日が迫っていたりと、

 

常に金策に追われています。

 


朝から知人のところに走って行っては、

 

何とか30万円、都合つけてもらえないだろうかと。

 

 


どうしても明日中にそのお金を用意しなければ、


手形が落ちなくなって資金ショートしてしまう。


と頼み込む。

 


または、日本政策金融公庫に行って、


何とか金を貸してもらおうと頭を下げる。

 

しかしながら、なかなか貸してもらえず、期限が迫る中、


青色吐息で走り回っている。

 

そのような経営者を私は見たことがあるのです。

 


そして懸命に金策に走り回って何とか資金が手当てできると、


そこで満足してしまって、


何か大きな仕事をしたような気になっているわけです。

 


しかしながら、資金が手当てできるのは当然であって、


その経営者はいいことをしたわけでも、


プラスになるようなことをしたわけでもありません。

 

それなのに、あたかも自分は、


大きな仕事をしたかのような顔をする。

 

私はそのような人を見ると次のように思ったものです。

 

 


返済期日は前から決まっているし、それ以前に、


お金の準備をしなければならないことくらいわかるはずだ。

 

なのに、どうしてぎりぎりになって走り出すのだろう。

 

ダメだ、これでは会社をつぶしてしまう。

 

そう思ったものです。

 

そんな人に限って、人から借りられるはずだったのが、


その人の都合がつかなくなったなどと、必ず言い訳します。

 


余裕のある状態で不動産投資をするとは、


余裕のあるときが瀬戸際だと思って、


全力であたるということです。

 

つまり、その余裕のある状態でも、


追い込まれたと思ってやるべきです。

 

 

本業の業績がどんどん悪くなってきて、

 

このまま本業だけでいったのではどうにもならない。

 

 


何か手を打たなければと思っても、


その時には資金もついえて、体力もなくなっていますから、

 

手を打とうにも打てません。

 

 


順調にいっている間は安心して何もせず、


悪くなってからようやく手を打とうとするから、


条件も悪くなってしまいます。

 

 

不動産投資で勝負をかけようと思うなら絶好調の時にかける、


これが余裕のある状態で不動産投資をするということになります。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1543
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク