サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


投資用の不動産を買っても損はない | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
投資用の不動産を買っても損はない
投資用の不動産を買っても損はないあれこれ



減価償却とは実際には、サイフから出ていくお金ではないのに、


経費にカウントされるので、その分税金が減らせておトクなのです。


 

とくに中古物件の場合、耐用年数がすでに過ぎてしまっている物件を買った場合、


その時点で、物件価格は下がりきっています。



なのでそこからは減価しないですね。

 


耐用年数を過ぎれば、建物価格は税務上、


ゼロ円(実際は1円)になっています。




つまり、不動産の価格=土地価格になるわけです。

 

下がりきった物件は、これ以上将来下がることはありませんので、


減価償却する必要がありませんが、


しかし、その物件を購入した場合には、


そこから再び償却できるので、


税金を減らせる効果があるのです。


 

しかも、耐用年数がすでに過ぎてしまっている物件は価格も安く、


価値がなくても4年間、償却できますので、


所得税と住民税、法人税を減じる上では大きな効果があります。


 

新築や、築浅物件は、当然、建物の価値は年々下がっていきますので、


減価償却をするということは、将来、建物価値が下がって、


購入時と比べて建物価格が大幅に下がってしまう分を、


毎年、損をしたことにして所得から控除しましょうというものです。


 

しかし、法定耐用年数を過ぎた物件を購入した場合は、


それ以上償却の必要はありませんが、しかしそれでも、


4年間は償却してくださいというものです。

 


もっとも、マイホームの場合は、建物減価分は経費になりませんので、


資産価値に占める建物価値下落の影響はストレートにこうむりますが、

 

投資用の場合は、すべて経費になります。


 

減価分だけでなく、リフォーム工事、修繕費、


減価を防ぐためにするリノベーション等すべて経費で落とせます。


 

積算価格で見ると、土地価格の低い地方の物件や、


賃料単価が高くなるワンルームは、


総投資額に対しての建物比重が高いので、


減価償却の割合が大きく取れます。

 


こういった物件は、収益価格よりも、積算価格が低い物件が多く、


いわゆる、土地価格よりも建物価値中心の物件は、


建物がどんどん経年劣化して最終的にゼロになります。


 

ところが減価分すべてが経費で落とせますので損はありません。


 

ちなみに景気状態で、土地価格は上がったり、下がったりしますが、


土地は減価はしませんので、これも賃貸経営には影響がないわけです。


 

従ってすべての投資用や事業用の場合、不動産を買っても、


損をすることはないという考え方ができるのです。






関連記事
建物は法定耐用年数を超えても住めるのに、減価償却は22年ですることに疑問を持ちませんか

不動産の税金と経費

投資用の不動産を買っても損はない


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1552
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年など)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク



AX