サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸業の寿命は30年説 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸業の寿命は30年説
賃貸業の寿命は30年説あれこれ

 


大家さんの寿命は、一説に30年といわれる。


 

平成初期のころにローンで不動産を買った人たちが、


もう何年も前ですが、こんな物件を買ってしまって大損したと、


愚痴る光景に、しばしば遭遇しましたが、


この時代に不動産を買った人たちは今、


行方の分からなくなった人たちばかりだと思われています。


 

平成バブルのころに不動産投資をやった人は、


一部の人を除いて全員が退場したはずです。


 

転落する人たちはあっという間でしたが、


逆に、波に乗り遅れた人たちは、


痛手が少なく済んだばかりでなく、


先行組が失敗した物件を買って、


逆に成功しているともいえる。


 

生き残った数少ない大家さんや、


バブル以降に始めた後発組の大家さんの今後はどうなるか、

 

つまり、30年近くや、それ以上たった大家さんの今後は、


凋落の一途をたどるのか、さらに発展するのか、


そんな人は、大きな節目に来ていると思う。


 

世間を見ると、確かに30年以上経た大家さんは、


少ないという現象がみられます。

 


30年以上経た大家さんが残っているなら、


今なら60歳以上になってくると思う。

 


なぜ大家さんは、30数年経ってくると勢いがなくなるのか。

 


これは、やり始めのころは大家さんは、


夢、理想、大きなビジョンを描いている。


 

それも、非常に強く描いています。


 

だから初期の不動産投資家には勢いがみられるのでしょう。



しかし大家さんも30数年も年月が経てば、


年を取り、建物も古くなり、気力も衰えて、それでも、


少しばかりの家賃収入が入ってきているので、


これ以上必要もないだろうと、ここまでともかく、


よく頑張ったとあきらめともつかない納得を始めるのでしょう。



創業のころの夢、理想、ビジョンと言ったものがだんだん薄れ、


リスクを冒してまで借入金を起こす気力も衰えて、


守りに入ることが大きいと思います。



そうしたことから、大家も衰退していくのだと私は思います。


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク