サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


建物の割合が高い物件より土地の割合の高い物件 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
建物の割合が高い物件より土地の割合の高い物件

建物の割合が高い物件より土地の割合の高い物件についてあれこれ

 

 

昨今の不動産価格は、収益還元法によって評価されることが、


見直されてきましたが、収益還元法では、

 

土地と建物を一体で計算するのが基本ですが、


どちらを優先するかといえば、むしろ建物です。

 

収益還元法は、建物が提供する居住空間の収益価値を、


数字に置き換えて示すものです。

 

土地というものは、土地そのものが価値を生み出すものではなく、


そこにお店を出して商売したり、アパートを建てて家賃を得たりして、


初めてその土地が付加価値を持つという考えです。

 

 

日本国内の空洞化が進み、郊外の一戸建てよりも、

 

都心のマンションの方が価値があるという説もあり、

 

収益還元法が見直されていますが、

 

それでも永遠になくなることがない土地を求めるのが一般的です。

 

 

建物は減価償却して、どんどん価値が下がっていきますが、


土地は減価償却しませんので、土地の持つ価値は普遍のものになります。

 

収益物件をローンで購入した場合、


家賃収入でローンを払っていきますので、


自分自身でローンを1円も払わなくても、


将来的に、土地という財産が手に入ることになります。

 

建物の価値は、年々劣化によって価値が下がるだけでなく、


維持、補修にも費用がかかります。

 

 

ですから不動産に占める土地の割合が大きい物件を選ぼうとします。

 

建物割合が高い場合は、年々建物が劣化する分だけ、


不動産価格は下がっていきます。

 

 

さらに建物の残存耐用年数が短くなってくることから、


融資期間も短くなり、次に買う人の融資額があまり出なくなります。

 

ゆえに融資がつかず、売ろうとすれば売値を下げる必要が生じます。

 

収益不動産として買い手がつかなければ、土地としての処分となり、


入居者を立ち退かす費用や時間がかかり、さらに解体費用をかけて、

 

更地にして売ることになり、売却損が出る可能性もあります。

 

 

欧米では、土地は建物に付随したものと考えてきたのですが、


日本では、土地に価値があって、建物はおまけと考えるのが一般的です。

 

ですから、土地の形状と道路付けに着目して、


不動産投資をするようになります。

 

収益性も大事ですが、土地の評価は重要です。

 


不動産は、土地比率の高い物件を選びたいです。

 

 

 




関連記事
なぜ売主は土地値(土地価格)以下でアパートを売るのか

不動産は、駐車場として貸せる(土地)かどうかで選ぶ

土地比率の高い物件を選ぶ

地方の(RC物件賃貸)のメリット
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク