サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


空室が続けば返済保証システムを利用する | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
空室が続けば返済保証システムを利用する
空室が続けば返済保証システムを利用するについて


 

毎月の返済が40万円あるのに、家賃収入は30万円しかない場合、


サラリーマンの給料から10万円補てんしなければなりません。


 

空室が長期に及ぶ場合は、管理会社を変えなければ、


とうてい、空室は埋まりそうもありません。


 

それを解消するために、返済保証付管理委託を持っている管理会社に、


変更するという方法ですね。


 

つまり、返済保証付管理委託を結ぶこととセットに管理会社を変える。


 

返済保証付管理委託契約を利用すれば、



残りの返済期間中、管理会社に、


ローンを立て替えてもらえるわけです。


 

こうすれば、大家さんも悩みも解消されるし、


管理会社も管理料が入るというメリットがあるわけです。


 

そして、銀行への返済が完了すれば、


それからは、それまでの立て替え分を、


管理会社に返済していくというシステムが特徴です。




とりあえず、急場はしのげるわけです。





もっとも、返済保証付管理委託契約を利用している間に、


入居者が決まることもあります。

 

その場合には、幸いにも立て替えは生じないわけですね。





この仕組みを取り入れている管理会社は少ないかもしれませんが、


問い合わせてみる価値はあるでしょう。



また、類似したプランを設けているところがあります。



ただし、建物に対して指定の基準を設けている所がありますね。




関連記事
不動産管理会社の選び方

賃貸仲介専門業者は今後縮小する

空室が続けば返済保証システムを利用する

賃貸管理と家賃保証をセットで物件購入する

管理会社は、引き継がない方が良い


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク