サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


どのようなアパート、マンションを建てるか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
どのようなアパート、マンションを建てるか

どのようなアパート、マンションを建てるかについて

 

 

 

アパート、マンションの経営において大切なことは、


その地域に、どのような賃貸需要があるかということ。

 

そして賃貸需要の動向によって、建てるアパートのグレードや、


間取りなどが、自然と決まってくるからです。

 

そこで、今どのようなアパート、マンションに人気があるのか、


都心においては、概ね鉄筋コンクリート造り、


あるいは、コンクリートのはめ込み式のいわゆるマンション型の、


ワンルームあるいは、ファミリータイプのものが好まれている。

 

一方、郊外においては、ワンルームはほぼ飽和状態です。


その代わりとして、ファミリータイプの需要が高まっています。

 

ファミリータイプのアパート、マンションは、


ある程度外観が整っていれば、2階建てなら木造、プレハブ、


3階建て以上なら鉄骨、鉄筋コンクリートになってきますが、


いずれであっても広さが求められる。

 

ただ、節税面から見ると、短期で償却できる木造がやや有利。

 

しかし、アパート、マンションを出来るだけ長期間活用したい、


さらに補修費などはできるだけ省きたいというのであれば、


最近ではかなり丈夫になったプレハブ造、鉄骨造、


コンクリートの枠組工法といったものが有利。


さて建物を建てたはいいが、入居者がいないではどうにもならない。

 

建てるだけなら、どこでもできます。


重要なことは、アパート、マンションを建てた業者と、


賃貸業者との関係。

 

アパート、マンションを建てるカギは、


建設当初から、賃貸業者とのつながりの深い建設業者とともに進める、


あるいは、建設と同時に賃貸業者と折衝していくことが大事。


要は建設段階から、賃貸を頭に入れた、つまり、


賃貸とセットにプランをスタートさせることです。


賃貸業者は、その地域にどのような賃貸需要が多いのか、

 

さらに家賃はどのくらいか、どのくらいの賃料で貸せるかということに詳しい。

 

繰り返しになりますが、賃貸業者の専門的な知識、


さらに、賃貸業者を訪ねるお客の需要というものの情報を持っている。


賃貸業者の強みは、お客様情報をインプットしている。


賃貸業者との連携を図ることが非常に重要。




どのようなアパート、マンションを建てるか

新築アパート経営は失敗になる可能性がある

アパートを建てる場合の資金繰り



スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク