サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


広告費を2か月出しても入居者が決まらない | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
広告費を2か月出しても入居者が決まらない

広告費を2か月出しても入居者が決まらないについて



 

 

ここ数年の慣例として、大家さんが管理会社や、

 

賃貸仲介会社に支払う広告費が増えているのです。

 

 

部屋を探す人が、貸家に求める基準が、

 

相当厳しくなってきていると感じます。

 

 

もっとも、不動産業者にいくら意欲があっても、


最終的には入居者に気に入ってもらわなければ、


部屋は契約にはいたらないはずですよね。

 

 

つまり部屋に魅力がないと、

 

入居者の心までつかめないということだと思います。

 


宅地建物取引業法では、不動産業者が受け取れる仲介手数料は、


家賃の1か月以内と決められています。

 

なので、入居者が、仲介手数料を1か月支払ったら、


不動産会社は、それ以上は受け取れないので、


大家の側からは、広告費という名目で支払います。

 


貸主と契約している元付け業者ではない客付け業者が、


借主を見つけた場合、宅建業法上の仲介手数料は、


二つの業者合わせて1か月分となってしまい、


1か月分を、両業者で折半して半分づつでは、


他業者が客付けしてくれないという理由で、


1か月分の仲介手数料全額を、


客付け業者が受け取るのが一般的です。

 

 

普通、空室対策として、客付け業者に1か月分の仲介手数料、


1か月分の広告料を加えた報酬を支払うことで客付けを促します。

 


いま、大家さんの中には一般でなく、専任で不動産会社と契約して、


早期に入居者をつけるため、その業者に窓口になっていただいて、


他社に客付けを回す体制を取ってもらっているケースになってきます。

 

この場合、他社にも客付けを回すためには、元付け業者に、


大家からは、もう1か月分の広告料が必要です。

 


つまり、大家は合計2か月分の広告料を払う。

 

この合計2か月分の広告費で、元付け業者は窓口になって、


客付けに取り組むようになってきています。

 


というわけで、広告料は当然家主負担であり、


さらに元付け業者も広告料を取ることで、


大家が負担する広告料が2か月分が普通です。



しかし最近は、広告費を2か月出しても、

 

入居者が決まらなくなってきているのです。

 

地域によっては、広告料の相場がさらに高くなっているところもある。

 

ちなみに、手入れをしないズタズタの物件に、


広告費を3か月も、4か月も付けているのは問題外。

 

決まらないものは決まらないのですね。


 


そこまで、広告料をかけるくらいなら、物件自体にリノベーション投資して、


部屋の魅力をアップさせる方が効率的だと考えます。

 


もっとも今は、物件自体にリノベーションして、


部屋にお金をかけた上、さらに不動産業者に、

 

広告料2か月分出すのが普通になっているのです。

 




それでも、入居者が決まらなくなってきている。



というわけで、広告料2か月は、やむを得ない側面もある

 

まとめますと、広告費を2か月出す根拠は、元受けの不動産業者は、


家主からもらう広告料を、客付け業者に渡して客付けを促す。

 

これは、不動産会社としては、もし自社で客付けした場合には、


仲介手数料と広告料の両方が自社の収入になりますが、


他社が客付けした場合には、仲介手数料も広告料も全て他社にわたり、


元付け業者には何も入らない。

 

なので、窓口になってもらっている、元付け業者にも、

 

1か月分の広告費だけは入るように、



大家さんが広告料を負担するわけです。

 







関連記事

空室対策の決め手


どうすれば空室が埋まるのか(もう万策尽きたというときが空室対策の始まり)

内見者を増やすには

新築の賃貸住宅の入居者が決まらなくなってきている

広告費を2か月出しても入居者が決まらなくなってきている

空室がなぜ埋まらないんだろう?
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1597
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク