サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


なかなか入居が決まらない原因のほとんどは水回りに問題あり | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
なかなか入居が決まらない原因のほとんどは水回りに問題あり

なかなか入居が決まらない原因のほとんどは水回りに問題ありについて

 

 


賃貸住宅は豪華な内装をしても、高い入居率の保証はないといえます。

 


しかし、入居率を上げるためには、水回りだけは、


しっかり整備する必要がありますね。

 

といっても、水回りは最も費用がかかるところなので、


シンプルにして清潔が一番です。

 


賃貸物件の入居の主導権を握っているのは女性の方です。

 

その女性が気にするのは、キッチンと浴室です。

 

台所の設備が古いとなかなか入居者は決まりませんし、

 

トイレは洋式でウオシュレット付きで、

 

浴室も追い炊きになっていないと不利ですね。

 

 

最低限、バスタブを交換したり、

 

キッチンを取り換える必要があると思います。

 

 

ワンルームマンションなら、バスルームとトイレ同室といった物件は、


相当、家賃を安くしなければ、入居者が付きにくくなります。

 

 

 

ちなみに、バスルームとトイレが別であっても、

 

ワンルームでも20平方メートル以下のもは不利ですし、

 

居住空間が狭く、収納も確保できなくなるとマイナスです。

 


マンションなら、ユニットバスを交換すると、

 

入居率アップに有効ですが。

 

 

水回りは費用がかかるため費用対効果が大事ですね。

 

 

どの間取りにも共通して言えることは、

 

バスとトイレは別で、洗面所は独立型、キッチンはガス、


寝室には、クローゼットがついている物件が望まれます。

 

 

こういう物件は入居者の受けが良いので埋まりやすい。

 


入居者の入れ替え時は、床と壁紙を張り替え、


天上には明るいペンキを塗るとよいでしょう。

 

いろいろな物件を見て思うのは、床が安っぽいのは、

 

部屋全体のレベルを下げてしまう結果になります。

 

床の色は、濃すぎる床やこげ茶色系は暗く部屋が沈んで見えますので、


入居者の家具の色合いとぶつからない明るい茶色系がいいかもしれません。

 

ちなみに借主は、ワンルームを長期的な住まいと捉えていないですね。

 

 

収入が上がったり、家族が増えると、ダイニングや、

 

リビングのある部屋に転居しますし、事務所として借りている人も、

 

やがて手狭になり転居しがちです。

 

 

広さや使い勝手に問題があれば、更新しないことが多いです。

 

 

なので、長期に住んでもらうためには、

 

ある程度の広さは確保する必要があります。

 

 

また、防音性が劣る、プライバシーが保てない部屋も、


早期退去につながります。

 

まぁ、水回りがきれいだとほかの面で多少劣っていても、

 

長期入居が望めます。

 

 

部屋の広さは、1LDK、40平方メートル前後といったところが、


最も需要が多いですね。

 

 

40平方メートル以上あれば、一人暮らしの人はもちろん、

 

カップルの人でも対応できるからです。

 

 

 

 


関連記事

空室対策の決め手


アパートとマンションで入居付けに差があるのでしょうか

空室がなぜ埋まらないんだろう?

水回り対策が賃貸業を左右する

なかなか入居が決まらない原因のほとんどは水回りに問題あり


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1599
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク