サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


高い目標と、一歩一歩の積み重ねはワンセットになっている | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
高い目標と、一歩一歩の積み重ねはワンセットになっている

高い目標と、一歩一歩の積み重ねはワンセットになっているあれこれ

 

 

 

賃貸業とは物件を仕入れて、適切なリフォームをして入居者を付けて、

 


家賃収入を得る事業なので、やはり利益を上げなくてはなりません。

 

 


不動産投資といっても、大家さんの行っている賃貸業というのは、


地味な仕事を、一歩一歩と堅実に積み重ねるものでしかありません。




しかし、物件を探すことについても、

 

物件を見に行って買付を入れて却下される。

 

 

また次の物件を見に行く。

 

 

この地味な作業の繰り返しですね。

 

 

こういう地味で苦労がともなう作業を、

 

好きになれるかどうかだと思います。

 

 

賃貸事業が軌道に乗ってきても、

 

クレームなどが起こったりしますと、

 

面倒に感じる時もあるも知れませんが、


それでも、一生懸命努力することができるかですね。

 

 

このように不動産賃貸業は、地味な仕事の繰り返しです。

 

 

この一歩一歩の努力をしないで、

 

成功することはありえないと思いますが、

 

ここで大事なのは、地味な仕事を、

 

一歩一歩堅実に行うということです。

 

 

というのも、どんな偉大なことも、地味な努力の一歩一歩の、

 

積み重ねでしかできないと思うからです。

 

 

例えば、物件を購入するときは、

 

自己資金も必要ですし、


日頃から貯金をして現金を貯める必要がありますし、

 

その資金が、家賃収入からの1〜2万円の、

 

キャッシュフローの積み重ねであったり、

 

日々の事業での、経費削減だったりします。

 

 

大きいことを得ようとすれば、

 

日頃の地味なことの積み重ねになってきます。

 

 


賃貸事業とは、手頃な物件を見つけてきて、

 

それを購入して、さらに手を加えて入居者を付けて、

 

わずかなキャッシュフローを得るという小さなビジネスです。

 

 

しかし、自分が目指しているのは、賃貸物件100件、


月の家賃収入が500万円、


年間で6000万円の家賃収入にしたいと思っている。

 


それなのに、小さなワンルームマンションを一つ買って、


きれいにして入居者を付けても、一か月わずか1〜2万円、


年間20万円程しかキャッシュフローを得られない。

 

しかも、自ら労働力を投入している。

 

 

こんなことで、いつ6000万円の家賃収入を得られるのだろう。


と、そういう気がすることがしょっちゅうありますね。

 


しかし、どんな偉大なことでも、

 

日頃の一歩一歩の積み重ねからしか得られないはずです。

 


それを、6,000万円という待望を抱いているのだから、


ワンルームマンションを買って入居者を付けても、


年間20万のキャッシュフローを得るようなことでは、

 

話にならない。

 

 

もっといい方法はないかなと思ったところから、

 

失敗が始まるのだと思います。

 


不動産投資という賃貸業は、


わずか2〜3万円/月のキャッシュフローを得る地味な努力、


その積み上げです。

 

 

それを忌み嫌って、もっといい簡便な方法はないだろうかと思うことが、


間違いのもとですよ。

 

 

気の遠くなるような大きな目標を掲げているわけですが、

 

それなのに、こんな地味な努力で、何の効果があるだろうと、

 

思ってしまいます。

 


しかし、それではいけないと。

 

 

どんな大きな目標であろうとも、亀の歩みで一歩ずつです。

 

 

河原の石ころを積むように歩むことが大事だと私は思います。

 

 

自分の目標にしているのは、途方もなく長い道に見える。

 

 

しかし、その気の遠くなるような地味な努力を続けること。

 


それが偉大な投資家になりうる道だと思います。

 

 

一歩一歩やっていると、大きな雪だるまとなって、

 

あとは幾何級数的に力がついてくるときがあるのです。

 


あきらめないことです。

 


そうすれば、やがては自分でも信じられないくらいの大きな果実が、

 

得られることは確かなことなのです。

 

 





関連記事

単純で地味なことでも毎日やれば人生は開けていく(一歩一歩の改善が偉業をもたらす)


相手のためになるかどうかを考えて判断を下す習慣をつける

好きな仕事は完璧主義から生まれる

不動産投資はそんなに面白くない

不動産投資の限界効用逓減の法則(起業は楽しい、不動産投資は楽しくない)

高い目標と、一歩一歩の積み重ねはワンセットになっている

なぜ経済的自由になるのは難しい(厳しい)のか、(収益物件(資源)の希少性)


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1600
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク