サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸住宅入居者の火災保険は強制加入か | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸住宅入居者の火災保険は強制加入か

賃貸住宅入居者の火災保険は強制加入かについて

 

 

 

 

万一の災害、特に火災は木造アパートなど、


集合住宅に、発生する確率が高いと思います。

 

 

火災保険の加入は必須(強制)ではありませんが、


入居者は、自分のためにかけた方がいいと思います。

 

 

賃貸住宅を借りたときは、貸主(オーナー)に対して、

 

賃貸住宅を安全に管理する義務(善管注意義務)や、

 

賃貸借契約に基づいて、賃貸住宅を現状に回復して、


返却しなければならない義務(原状回復義務)、


があるため、万が一、入居者が不注意で失火したなら、

 

損害賠償責任が発生し、損害金を支払うこととなるでしょう。

 

 

予期していない突然の失火や事故に加え、


その代金が高額となりますので、


とても、入居者は一人では太刀打ちできないでしょう。

 

 

入居者が火災保険に加入する目的は、


賃貸物件内へ持ち込む自身の家財に対する保険、


そして近隣の方々に対する賠償責任と、


貸主(大家)に対する賠償保険なのですね。

 

 

なお、火災保険では、不注意による水漏れ損害などにも、

 

対応されるようになっています。

 



ちなみに、水漏れ保険という商品は存在しません。



基本的には、火災保険の中で、

 

水漏れに対する補償もカバーするという形で、

加入することになります。

 

 

ちなみに、洗濯機のホースがはずれて、

 

階下に水を漏らしてしまった場合などのも対応できる、

 

個人賠償責任補償などに入るのが一般的です。


 

火災保険は、建物自体は大家が火災保険を掛けているのですが、


入居者失火については、入居者の自己責任になるのです。

 

 

そこで、賃貸住宅を借りているときの賠償責任を保証する、

 

借家人賠償責任補償を家財の火災保険にセットする人が増えています。

 


 
繰り返しになりますが、必ずしも強制ではないですが、


万が一のことがあった場合は、加入していなければ、

 

トラブルになる可能性があります。

 


もっとも、賃貸住宅の入居者は、

 

火災保険に加入することと、


賃貸契約がセットになっている場合がほとんど。

 

 

 

どうしても、火災保険に加入するのが嫌なら、


加入を条件としていない部屋を探すこととなりますが、

 

そういう物件は少ないでしょう。

 

 


借りてる人が失火した場合、賠償責任(原状回復責任)が、

 

発生しますので、火事が起これば、損害金は莫大というわけで、

 

入居者は火災保険に加入するのが一般的で、


そうすることで、安心して住むことにつながります。

 

 


火災保険に加入するのは、結局、自分自身のためですね。

 

万全を期すためには、火災保険に加入しましょう。

 

 

 





関連記事
団体信用生命保険の弱点、(投資用物件でカバーする)

家(部屋)を借りる人特集

地震保険で支払われる保険金額についてわかりやすく

投資用物件の保険について

震災 団体信用生命保険

大地震などによる、建物被害のリスク

地震保険の加入

賃貸住宅入居者の火災保険は強制加入か

 

収益物件の火災保険料

投資用不動産の火災保険をどのようにかければいいのですか。

大家が火災保険に入っておく意味


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク