サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


家賃が安いから直しませんは通るのか | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
家賃が安いから直しませんは通るのか

家賃を安くしてますので直しませんは通るのかあれこれ

 

 


賃貸借契約では、築年数が古くて、もともと老朽化していて、


あちこち壊れている物件を大家さんも、入居者も、それを承知で、

 

安い家賃で契約を結ぶことがあります。

 

 

築年数の古い物件でも、入居者は、家賃が安く、


部屋が広くて、おまけに駐車場がついているのなら、


そのままの状態で借りてくれることがあります。

 

 

大家さんも、過保護にならずに突き放せばいいと思います。

 


経年劣化によるクレームが来た場合、


もちろんお金をかければ解決しますが、


採算を考慮すれば、無理に直すよりも、


家賃が安いということを押す方がベターです。

 

そういうことで納得してもらう方がいいのですね。

 

家賃が安ければ、たいていの場合入居者も我慢します。

 


クレームは数え上げたらきりがありません。

 

いちいち直していたら採算に響きます。

 


賃貸借契約では、築年数が古くて、もともと老朽化していて、


あちこち壊れている物件を大家さんも、入居者も、それを承知であれば、


ほとんどのクレームに対して家賃が安いから現状ですねで、


対応することが、可能だと思うのですが。

 

 

入居者の方もそれは、心得ているはずです。

 

 


最初にリフォーム自由だと言っておいたり、

 

契約書に書いておけば、少しぐらいの具合なら、

 

家賃が安いから仕方がないと思って、

 

いちいち大家さんに連絡するより、


入居者が、修理業者を呼んで直したり、

 

そのまま、我慢して住むと思います。

 

 

 

どうしても駄目な時は、大家さんが修理業者を呼んで、

 

直さなければなりませんが、基本的に、

 

入居者も自分で手直しをして暮らすはずです。

 

 

入居者には好きなように、自由にリフォームして住んでもらい、


この家に住みたいと思うようにしてあげるのがいいのですね。

 


家賃は上げられませんので、リフォームにかける出費を、


極力抑えることで採算の調整をしていく必要があります。

 


いくらでもお金をかければ修理はできますが、

 

事業としてとらえるのなら、

 

採算を考えて経営していかなければなりません。

 

しかし、水漏れがしたり、電気がつかないことは、


生活する上で最低限の条件ですから、


もちろん、大家さんには修繕義務はあります。

 


裁判所は、入居者の生活に支障がきたす場合ば、


大家さんに修繕義務は生じるとなっています。

 

 

なので、老朽化した建物の修繕に関して、

 

多額の費用がかかる場合は、

 

法律では、たとえ物理的に修繕が必要でも、


修繕不可能な状態になっているとして、


大家さんの修繕義務を否定しています。

 

 

つまり建物が老朽化していて、修繕すれば、


多額の費用が掛かるような場合、


少額の立退料を払うだけで、大家さんの更新拒絶や、


解約申入れに正当事由が認められるとなっています。

 

 




関連記事
リフォームなしで家を貸すには

賃貸住宅の修繕義務について

家賃を安くしてますので直しません

 

入居者が決まってからリフォームする

家賃が安いから直しませんは通るのか


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク