サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


自宅の買い替え作戦  買い替え理由を明確に | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
自宅の買い替え作戦  買い替え理由を明確に

サラリーマン大家さんの 自宅建て替えか 買い替えか売却か
不動産 買い替えについて はじめの一歩
不動産買い替えと ローンの残債について
自宅の買い替え作戦  買い替え理由を明確に
不動産買い替えは 一生住む覚悟で
買い替えは妥協の上に成り立つものです
買い替えで生活のスタイルを変えてみよう
買い替え作戦の実行
自宅買い替えローンについて
オープンハウス活用を利用しよう
自宅を安く入手するにはどうすればいいのですか。
収益物件 投資用不動産買い替え
買い替え時の 下取り物件購入
ローンが残った物件を買う場合、抵当権付き物件売買
不動産、ローンが残っている住宅を売却する方法
サラリーマン大家さん のつなぎ融資
絶対理想の家に 買い替えてみせる
不動産、ローンが残っているが売却することはできますか



自宅の買い替え作戦 明確な理由について

 

 

買い替えでは自宅価格の評価損が出る場合が多いので、

 

どうしても何らかの新たな資金を用意する必要があります。

 

この時に大切なことは、買い替えでの資金計画を、

 

あわてないで行うことが大事だと思います。

 

 

 

あわてないこと今すぐ買い替えをしないことが、

 

買い替え対策になると思います。

 


買い替え作戦を遅らせて自己資金を増やすことが、

 

買い替えで成功する賢いやり方だと私は思います。

 


と、ここまでが 前回の内容です。

 


今回は買い替えの明確な理由について考えてみます。

 

 

 

なんとなく今の家がいやになったからなんて、

 

ゼイタクなこと言ってませんか。

 


不動産の価格が右肩上がりのとき、

 

つまり、土地神話があった時代は今から考えると、

 

買い替えは格段にやりやすかったです。



相場の上昇でそれまで住んでいた家は買った時の、

 

倍もの値段で売れ、買い替えの

頭金は楽に確保できました。


 

住宅を新しく購入する一次取得者と、

 

同じ市場でバッティングすることもなく、

 

買い替えは思うままにできました。
 


次の家を探すにもより広めで条件の良い物件を探し、

 

それを一次取得者に売ることで新しい家を手に入れられました。

 

 

 

ところが今は、状況が一変しています。

 

それは

 


自宅の価格は下がり売ると、ローンの残債で頭金が確保されなっています。

 


当然、買う物件も値下がりしているが、頭金は最低必要とされます。

 

 

 

 

 

収入が増えないどころか、本人の年収や勤務先によって、

 

ローン審査が厳しいだけでなく、

 

リストラや倒産で収入を失う危険性が出てくるのです。

 

 

このような点から家の買い替えをするには、

 

一次取得者のマイホーム購入に比べ、

 

はるかに厳しい状況下にあります。

 

 

しかし、今家の買い替えが不可能なわけではありません。


もっとも、闇雲に買い替えればよいということではありません。

 

 


何のために住み替えるかということについて、

 

頭に浮かぶ買い替えの理由を、思いつくまま、

手元にある紙にでも書き出してみてください。

 

 


古くなったので、子供が大きくなったので狭くなった 、

 

又、転勤でどうしても通勤が遠くなった。

 

 

買い替えて狭くなった家にこれから住むことができるか。

としても資金繰りの面で楽になりたくて売らなければならない。

 

 

子供の教育のため広い家に住まなくてはならなくなった。

 

 

健康面を考えて環境のいいところへ行きたい。

 

 

転職を機に会社の近くへ、子供が独立して夫婦2人になったので、

 

 

部屋の少ない家へ替わりたい。 


隣人との関係悪化のため、

 

老朽化して耐震性に不安があるためなど、

 

いかがでしょうか 当てはまりますか


つまりその理由や動機を満たすものを買えれば、

 

買い替えは成功と言ってもよいわけですが、
 

買い替えは新築ですこし広い便利なところに、

 

グレードアップという形ばかりではないはずです。

 

 

個々の理由に合わせて無理のない買い替えを行うのが、

 

当然理にかなっています。

 

 

買い替えで住まう住宅は最初は固定観念があっても、

 

探すうちに次第に柔軟にならざるを得なくなってくるかと思います。

 

 

 

例えば広めのマンションならば都心より離れていたほうが、

 

物件が見つかりやすいなどと、

 

譲歩できない条件を満たすためには、

 

譲歩できるところを削っていくという選択肢があるかと思います。

 

 

 

次 買い替えたら一生住む覚悟で

 

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/161
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク