サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


新築の賃貸住宅の入居者が決まらない場合はどうする | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
新築の賃貸住宅の入居者が決まらない場合はどうする

新築の賃貸住宅の入居者が決まらない場合はどうする

 

 


空いているのは古い物件のはずではなかったのか。

 

新築物件なら借りたい人がいくらでもいるはずだと。

 

そう思っている人が多いのではないでしょうか。


 

ところが最近は、賃貸住宅市場では、新築物件であっても、


空室率が高いという現象が起きているのです。


 

ここ最近は、賃貸住宅を探しているお客さんは、

 

設備のきれいな新築よりも、

 

家賃の安い中古を選ぶ傾向にあります。

 

 

 

特に学生さんにこの傾向が強いですね。

 

なぜ、新築物件の空室率が高いのか、

 


 
一番の問題は、部屋が新しくても、

 

入居者の心がつかめなくなってきていることです。

 

その問題の背景には2つあります。

 


一つは、賃貸市場が最も活気づく、


春の引っ越しシーズン(2〜3月)に合わせて、


毎年、大量の新築物件が供給されるからです。

 


 

多くの地主さんが、

 

春の引っ越しシーズンに合わせて建物を完成させれば、

 

入居者の獲得が容易ですといった建設会社や、

 

ハウスメーカーの、セールストークに乗せられて、

 

アパートを建てる契約を交わしている場合が多いといえますね。

 

 

ほとんどの地主さんにとって、

 

それは受け入れやすい提案になってきます。

 


 

しかし、市場全体で見れば、


一時に大量の新築物件が投入されるという現象を招き、

 
そのために、あぶれる物件が出てくることになります。

 


 

もう一つの理由は家賃設定です。

 

新築物件は、中古物件に比べ、家賃が高くなっています。

 

 

現代は、新築だからといって近辺の物件に比べて、

 

高い賃料に設定できることはないと考えたほうがいいでしょうね。

 


一昔前までは、新築は、誰も住んだことがない物件ですので、

 

新築プレミアムとして、家賃も相場よりも5〜10%近く上げても、

 

借り手が付いていました。

 

 

しかし、これからは、新築プレミアム価格で、


貸し出せることはないというのが私の考えです。

 

 

大半の地主は建設費を金融機関からの借入れでまかなっており、


建築費が高く、返済負担が大きいため、


家賃設定を高くしないとならない事情があります。

 

 

一方、中古物件はリフォームをしても、


新築物件には及びません。

 


 

そのため、一般的に家賃を下げ、


割安感で勝負するようになります。

 


 

周囲に築年数の浅い物件が何件かあって、


広さや立地に差がなければ、特に新築でなくても、


家賃の安い方がいいと考える人が多くなっています。

 

 
その結果、新築物件に空室が生じてくるのだと思います。

 

 

最近の特徴として家賃の安い物件を選ぶ人が多く、

 
インターネットで、最初から何万円以下の部屋と、


予算を設定して検索してくる人が増えています。

 

なので、賃料の安い物件から先に、


決まっていく傾向にあるといえます。

 

 

周辺と同じよな物件なのに新築だからといって、

 

5,000位高い家賃設定にして、

 

入居者がつかなくなってしまえば目も当てられません。

 

やはり、見極めが大事です。

 


仲介会社が出してくる家賃の見積もりを見ながら、


本当にその家賃が妥当か真剣に検討し、


周辺の家賃の情報を参考にして、家賃設定は、


最終的に大家さん自らが行わなければならないほど、


重要な仕事だといえます。

 

 

新築でも周辺の築浅の物件と同じ価格帯にすれば、

 

割安感が得られ、長期に住んでみようとする借主の要望に、

 

応えられるかもしれません。

 

 

もっとも、新築でも、築浅のアパートの家賃よりも、


低くすることができれば、早期に入居者が決まり、

 

長期に住んでもらうことが期待でき

 

その家賃を保っていくことによって、結局、


大家さんの賃貸経営期間中に受け取る家賃収入が、


最大化できることも考えられます。

 


 


勤労者の年収に対する不安から、今後も低価格の物件から、


入居者が決まっていく傾向が続くと予想されます。

 

 


そうなると、新築物件は一層苦戦を強いられることになってきます。

 

 





関連記事

空室対策の決め手


どうすれば空室が埋まるのか(もう万策尽きたというときが空室対策の始まり)

どうすれば内見者を増やせる

新築アパート経営は失敗になる 可能性がある。

空室がなぜ埋まらないんだろう?

新築の賃貸住宅の入居者が決まらない場合はどうする

広告費を2か月出しても入居者が決まらなくなってきている


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1620
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク