サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


自己資金は使わずに借入金を増やす | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
自己資金は使わずに借入金を増やす

自己資金は使わずに借入金を増やすについて




自己資金を全て使えば資金繰りに行き詰まりる可能性があります。

 

自己資金は使わずに借入金を増やせば倒産しないはずです。


 

経営が順調で物件数を増やしているときほど、


すぐそばに危険な崖が控えていますね。


 

フルローンで物件を買い進めて行く場合でも、


徐々に自己資金が減っていきますので、


資金繰りに行き詰まるワナにはまりやすくなります。

 

大事なことは、自己資金を温存してなるべく多く借りることですね。


 

既存の不動産からの家賃収入で得たキャッシュを貯めて、


それを全て投入せずに、預金として残しておいて、


なるべく多く借りることが大事です。

 


そして自己資金が貯まるまで次の物件を買わないことです。

 

大事なことはローンの額と同じ金額の現預金を持っておくことですかね。


 

黒字倒産を防ぐために、自己資金を全て投入しないで、


ある程度手元に残しておく。

 

これがポイントです。

 

 

ローンの金額と同じ自己資金があるということは、


実質無借金経営になりますよね。

 


金融機関は、手元にキャッシュを多く持っていると、


それと同じくらいの貸し付けは問題なくします。

 

銀行は金融資産を持っているからこそ融資してくれるわけで、


常に自己資金として使わずに、手元にキャッシュは、


温存しておくことが大事です。

 

金利がもったいないと思って自己資金をたくさん使ってしまえば、


資金繰りに余裕が無くなります。

 

物件を増やしているときこそ、ワナがあるのです。

 


足元を固めておいて、そして余裕が出てきたら、


繰り上げ返済でもなんでもするというスタンスが大事です。


 

いくら不動産を持っていても、どんなにお金を持っていても、


物件取得にお金を使ってしまえば、限りなく危機に近付いていきます。




投資は返さなくてもいいお金であって、


ネット時代は一番強いのは現金です。


 

実は、不動産投資は、すぐに使える現金を、


いくら持っているかというのが一番大きいのですね。



それがその人に実力になる可能性があるのです。



自己資金は少しでも使わずに温存して、


借入金を増やすのが不動産投資にかかわらず、


事業の基本です。

 

銀行は、融資する際に決算書を見ます。

 


ウンー? なに、これって言いたくなるような業績でも、

 

キャッシュが回っており、預金もあれば、

 

融資は通ってしまうことがあります。


 

黒字であっても、資金が回っていなければ融資はされない。



その違いが確かにありますね。





銀行融資を受けるには創意工夫がいる

スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク