サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


自宅買い替えは 一生住む覚悟で | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
自宅買い替えは 一生住む覚悟で

自宅建て替えか 買い替えか売却か
不動産 買い替えについて はじめの一歩
不動産買い替えと ローンの残債について
自宅の買い替え作戦  買い替え理由を明確に
不動産買い替えは 一生住む覚悟で
買い替えは妥協の上に成り立つものです
買い替えで生活のスタイルを変えてみよう
買い替え作戦の実行
自宅買い替えローンについて
オープンハウス活用を利用しよう
自宅を安く入手するにはどうすればいいのですか。
収益物件 投資用不動産買い替え
買い替え時の 下取り物件購入
ローンが残った物件を買う場合、抵当権付き物件売買
不動産、ローンが残っている住宅を売却する方法
つなぎ融資について
絶対理想の家に 買い替えてみせる
不動産、ローンが残っているが売却することはできますか


不動産買い替えは 一生住む覚悟でについて

 

 

 

もう何年も前から、家の買い替えをするには、

 

厳しい状況下にあります。

 


しかし今家の買い替えが、不可能なわけではありません。

 


しかし闇雲に買い替えればよいということではないかもしれません。

 

 


というのは何のために住み替えるかということについて、

 

頭に浮かぶ買い替えの理由を思いつくまま、

 

手元にある紙にでも書き出してよく考えてみてください。

 

 

つまりその理由や動機を満たすものを買えれば、

 

 

買い替えは成功と言ってもよいでしょうか。

 

 

 

買い替えは、新築で広めで便利なところに、

 

グレードアップするという形ばかりではないかもしれません。

 

それぞれのライフスタイルに合わせて無理のない


買い替えを行うのが賢明なやり方です。

 

 

と、ここまでが 前回の内容です。

 


今回は 買い替えたら一生住む覚悟でいくということに


ついて 考えていきましょう。

 

 

今の家に愛着はありますか。


飽きてきたからと、家を転々としたいですか。


物件価格の下落基調が続いている時代では、

 

買い替えが資金繰りの面では、

 

難しい時代になっています。



本来なら一度、買ったらそこに一生、

 

住む覚悟で臨むのが


不動産価格の値下がりの時代はいいのですが。

 


なぜなら、そこに住んでいる限りは、

 

不動産価格が値下がりしても、

 

何の問題がないからです。



逆に課税の基準になる固定資産評価額が減るので、

 

税金負担が下がります。

 


誤解していただきたくはないですが私は買い替え自体を否定はしていません。


 


マイホームを買い替えてまださらに買い替えの可能性がある人は 

買ったあとできるだけローンの繰り上げ返済をして


出来るだけ早く、ローンの残高減らしておくことが大切です。




そうすれば物件価格が下がっても、担保割れはなくなります。



ただ理想を言ってもローン返済で、

 

 

目いっぱいだという人もいるでしょう。

 

 

そんな人は、買い替えは慎重にして、

 

また買い替えになるような事態を、 

避けるようにしなければなりません。

 

 

 

次 買い替えは妥協の上に成り立つものです


 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク