サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸経営はキャッシュベースで考える | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸経営はキャッシュベースで考える

賃貸経営はキャッシュベースで考えるあれこれ

 

 


世間では、利益があるのならばその分の現金がなければならないと考えるのは、


素人の会社経営だといわれます。

 

 

しかし、本来は賃貸事業から得られる利益こそがキャッシュの大きな源泉です。

 

経営はあくまでも原点であるキャッシュベースで考えるべきものであります。

 

 

賃貸経営していくうえでよく間違えるのは資産と費用の区別です。

 


例えば、家賃収入が100万円、費用が50万円とすると。

 

家賃収入100万円から、50万円を引いた額50万円が儲けです。


この50万円の半分の25万円が税金ですので、


それを引いた残りの25万円が手元にあるはずです。

 

ところが勘定してみると、お金は25万円もない。

 

手元にあるお金と数字上のお金が合わない。

 

これは支払った50万円の中に、資産が入っているからです。

 


資産とは、法定耐用年数の期間で徐々に費用に上げて行くものです。


でも、お金は支払っているはずです。


なので合わないわけですね。

 

100万円の家賃収入を得るために合計50万円支払ったことは確かです。

 


だから残りは50万円で、それが手元にキャッシュとして存在するわけです。

 


これにかかる税金を払った後の25万円は、自由に使えるはずです。

 

しかし、支払った50万円の中には資産も含まれているわけです。

 


費用又は経費については税金を支払う必要はありません。

 

 

しかし、資産は税金を支払わなければならないわけです。

 

例えば資産が30万円あれば、


この30万に対して税金がかかってくるわけです。

 

怖いのは、25万円は残っているはずだと考えて、


25万円のお金を使ってしまえば、


たちまち資金繰りに生き詰まってしまうわけです。

 

資産は経費に入れませんので利益が過大に計上されるわけです。

 

過大に計上された分の税金を払わなければならないわけです。

 

 

なので、支出がなされたものは、資産として抱え込まずに、


できるだけ早く費用として処理した方がいいわけです。

 


そうはいっても、経営者にとって既に使ってしまったお金が、


賃貸経営でいつ費用になるのかということを、

 

気にしなくてはならないようでは、


経営は極めて難しいものになるわけです。

 

 

こうしてみると、どのような利益が数字の上で出ていようとも、


結局、自由に使えるのはお金は、自分の手元にあるお金(キャッシュ)

 

しかないことになります。

 

 

つまり賃貸事業を発展させるため、新たな投資を可能にするのも、


自分のものとして使える手元のお金を積み上げる以外にはないのです。

 


そうであれば数字上の利益と、手元のキャッシュとの間に介在するモノを、


できるだけなくすことが大切です。

 

 

なので数字上の利益が1,000万円あっても、

 

キャッシュフローが1,000万円あるとは限りません。

 

 


従って、いかにして経営そのものを、キャッシュの動き、

 

即ち、キャッシュベースで経営をしていくことを、


その中心におくべきなのですね。

 





関連記事
キャッシュと利益を近づける(キャッシュフロー計算書は現金主義)

借入金は節税にどう影響するか、キャッシュフローはどうなる

勘定合って銭足らずとは

 

キャッシュフローが大事か利益が大事か  

賃貸経営はキャッシュベースで考える


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク