サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


買い替えは妥協の上に成り立つものです | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
買い替えは妥協の上に成り立つものです

不動産 買い替えについて はじめの一歩
不動産買い替えと ローンの残債について
自宅の買い替え作戦  買い替え理由を明確に
不動産買い替えは 一生住む覚悟で
買い替えは妥協の上に成り立つものです
生活のスタイルを変えてみよう
買い替え作戦の実行
自宅買い替えローンについて
オープンハウス活用を利用しよう
自宅を安く入手するにはどうすればいいのですか。
収益物件 投資用不動産買い替え
買い替え時の 下取り物件購入
ローンが残った物件を買う場合、抵当権付き物件売買
不動産、ローンが残っている住宅を売却する方法
サラリーマン大家さん のつなぎ融資
絶対理想の家に 買い替えてみせる
不動産、ローンが残っているが売却することはできますか



買い替えは妥協の上に成り立つものです。


私のマンションは10年以上前に、

 

3500万円で買ったのだから、

 

絶対に2000万円以下には

売れないわって頑張っているあなた、


初めて住宅を 買う場合の第一次取得者は、

 

それなりの頭金を用意するだけで 

後は購入する物件選びに専念するだけでよかったわけですよね。

 

 

 

買う対象は、たくさんの中から選べました。

 

 


しかし今度は買い替えですからそういうわけにはいきません。 




自宅を売ってその代金の一部を頭金にしたり、

 

すでに借りている 住宅ローンの 返済に

充てたりという問題がありますので、

 

売却と購入のバランスを考えなければなりません。

 

 

ここが買い替えの特徴です。

 

 


そこで冷静になって、自分の住んでいる住宅が、

 

 

いくらで売れるのか見極めなければなりません。



市場での平均的な相場はいくらになるのかを、

 

求めなければなりません。

 


 

買い替えではその時の相場で売るという妥協と、

 

その結果買える予算で新たな物件を買うという妥協が、

 

必要になってきます。

 

 

私なりに考えた結果ですけど買い替えの一番のポイントは、

 

現実の相場を理解してそれに合わせるということに

落ち着くのでは ないかと考えます。


なぜなら自由主義経済の世の中は、

 

需要と供給のバランスで成り立っていますので、

 

一人よがりの考えでは、

 

決して良い結果は生まれないと思います。



前述の3500万円で 買った家は 現在では路線価、

 

周辺 取引事例などから判断して、

1000万円でも売れない可能性があります。

 


下手をすれば600万円ぐらいにしかならないかもしれません。



だからその所までローンの臨時返済をしたりしながら、

 

 

常にいつの段階でもエクイティいわゆる純資産価値と同じ位まで、

 

 

ローンの残債の元本を減らしておくように 
 

 

しておかなければ買い替えはうまくいきません。






次のページ買い替えで生活のスタイルを変える。






 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク