サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


レオパレス21の賃貸借契約 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
レオパレス21の賃貸借契約

レオパレス21の賃貸借契約について

 

 

 

レオパレス21の賃貸借契約は、敷金、礼金、仲介手数料不要で、


家具付き、インターネット完備など、


入居者の初期費用軽減を打ち出しています。

 

 

このことは社会的弱者である低所得者の


入居を可能にしたという意義は大きいですが、


その分家賃滞納へのペナルティーは厳しいものです。

 

 

 

レオパレス21が入居者と結んでいるのは、


通常の賃貸借契約とは違って会員資格を結ぶ契約です。

 

 

 

つまり、レオパレス21の賃貸借契約は、

 

借地借家法の枠外に位置するでしょう。

 


レオパレスクラブ規定では、新しい情報と創造的価値を享受でき、

 

ひいては、より豊かでファッショナブルな生活を営むことができることを、


目的とするという、会員制のレオパレスクラブに入会することを前提に、


会員へのサービスとして、アパート施設の部屋利用契約を結ぶ資格を与える。


というものです。

 

 

その特徴は、通常の賃貸借契約で要求される礼金、敷金、


仲介手数用を、不要とする代わりに、入居時にシステム手数料として、


月額家賃1か月+1万5750円(抗菌費用名目)を、


支払うという特殊契約になっている。

 

 

賃貸アパートは土地に建物を建て、入居者を確保し、


その賃料を回収することで回る仕組みになっていますので、


高い入居率がなければ成り立たないビジネスです。

 

 

 

そのため、レオパレス21は礼金、敷金を不要にし、


入居者のハードルを下げて、入居しやすくしているわけです。

 

入居者の確保が第一目的であり、実際レオパレス21の入居率は、

 

90%を超えています。

 


もし通常の賃貸借契約を保持して、高い初期費用を要求していては、

 

高い入居率は維持できないはずだからです。

 

 

他社との差別化を図り、高い入居率を確保するために、

 

入居条件のハードルを下げているわけです。

 

 

もっとも、その代わり家賃滞納には厳しく、


場合によっては、1か月でも滞納すれば退去を求められるでしょう。

 

 

 

ちなみに、借家借家法に基づく判例は、大家さんが契約を解除出来るのは、

 

入居者との信頼関係が破壊されたと認められる場合であり、

 

1か月の家賃滞納では認められません。

 

とうてい信頼関係の破壊とは言えないからです。

 

 

レオパレス21が入居者と結んでいるのは、


通常の賃貸借契約とは違って、会員資格を結ぶ契約です。

 


通常の賃貸借契約の範ちゅうの外に位置しますので、

 

法の趣旨には反せず、入居者は借家借家法の適用を受けることができず、


賃料1か月の滞納で立ち退かざるを得ない場合があります。

 

 

レオパレス21の賃貸借契約の特徴は、

 

2年ごとに、更新手数料として16,200円(税込)が必要で、


部屋の利用料(家賃+共益費+環境維持費等)は、


入居者の金融機関の口座から毎月口座振替される様式を採用しています。

 

 

契約期間開始日から1年以内に退室される場合、


家賃1ヵ月分の違約金が必要となっています。







関連記事
レオパレス21の賃貸借契約

家賃一括借り上げ 保証料引き下げ、レオパレス
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク