サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資、安易な道はゴールにたどり着けないようになっている | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資、安易な道はゴールにたどり着けないようになっている

情熱と熱意をもって、闘志を燃やす

不動産投資、安易な道はゴールにたどり着けないようになっている

障害の壁を突破するには

大家さんも他の経営者と同じ度胸が必要
自分に打ち克ったから成功したのです


不動産投資をする上で安易な道を選べばゴールにたどり着けないようになっている。

 

 

 

 

 

不動産投資には近道はなく、近道をしようとすれば、


成功に到達できないようになっていると思われます。

 

 

 

安易な道を選べば、楽に早く行けますが、


しかし、それでは本物を得ることはできないと思います。

 

 

 

区分所有や一戸建てを何戸か買って、


次は一棟ものを買おうとした時、


良い物件を探すと、8000万円〜1億円の価格帯になります。

 

金額が大きいので慎重になりますし、


物件の数も限られてきます。

 


 

それに比べて、5000万円以下の価格帯だと、


物件としてはいまいちですが、


市場に出ている数が多いので探しやすく、


時間や手間はかからないし、


ローンもおりやすいというものがあります。

 

 

資金的にも精神的にもその方がずっと楽ですし、


買ってみようと思ってしまいます。

 


 

しかし、その分、自分の狙っているような利回りでないとか、

 

キャッシュフローが出ないとか、

 

何かと妥協しなければなりません。

 


だから私は、積算価値も、収益性もあって、


キャッシュの出るような物件を求めたことで、


いつまでたっても買えなかった時がありました。


 
その一方では、


しかしそのやり方は、雲を掴むようなプランで実現不可能すぎないか。

 


だからいつまでたっても、物件が買えないのだと。

 

 

不動産投資には、いい意味での妥協が必要ではないのか、

 


ある程度の妥協することが、不動産投資で成功するために、


不可欠な方法ではないのかという声も聞こえてきます。

 


実際セミナーなどでも、ある程度の妥協が必要だと、


どの発表者の方も言っていますね。

 

 

 

その声を聞いて、なるほどと納得することも多くありました。

 


そこで、

 

 

私は、いい意味での妥協をすべきかどうか、

 


ずいぶん自問自答を繰り返したものです。

 

 

 

しかし私が出した結論はやはり、


妥協して安易な道を歩まないというやり方でした。

 

 

 

信念を曲げることなく、


懸命に自分の考えている物件を追い求めることしか、


自分にはできないと。

 


何度も検討を重ねた結果、改めて、投資初期に戻って、


そう決心しました。

 

 

私はその時、真っ暗な雪山を明かりを付けずに、


真っ直ぐに進んでいく自分の姿を脳裏に浮かべました。

 


不動産投資のスキルも経験もない人間が、

 

凍てついた雪山を進んでいくという姿です。

 


怖くて進めなくなるだろうと、


途中で安全な方の道を行く方に転換しても無理はない。

 

 


安全を第一に考えるなら、セミナーの講師や、

 

発表者の誰もが勧める、

 

妥協して楽な道を行く方が早く収益物件を買えると。

 

 

しかしその時、少しでも自分に妥協を許せば、


そこで努力を継続することや、


気力、集中力を失ってしまうことにならないかと思った。

 

 

私には自分が弱い人間だと言うことを、

 

経験上わかっていたので

 

楽な道を選んだら、目的地にたどり着く前に、


おそらくあきらめてしまうと思ったのです。

 


これが自分の不動産投資のやり方だと固く信じているのであれば、


そのやり方がどんなに険しかろうと、その道を行くと思います。

 


妥協するか自分の望んだ道を行くかは、


もちろん具体的な状況を見なければなりませんが、


しかし、初めから安易な道を選べば、


成功を見失ってしまうと思ったのです。

 

 

 

自分に妥協を許し、安易な道を選べば、その瞬間は楽でも、


高い目標や夢を実現することができずに、


後で後悔することになってしまうと思ったのです。

 

 

何の苦労もせずに結果を得ることや、


リスク無しでリターンを得ることはありません。

 

 


安易な道はたいていの場合、ゴールへと続いていないと信じています。

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク