サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


駐車場経営について | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
駐車場経営について

建物を取り壊して、駐車場にする場合の取り壊し費用について
駐車場経営は儲かるでしょうか
アパートを建てて貸すか、駐車場として貸すか
コインパーキング経営の開業資金調達は日本政策金融公庫で受ける

駐車場収入の確定申告

駐車場の耐用年数について
不動産所得確定申告
駐車場投資あれこれ
車庫証明を取得するのが目的で契約する人がいる
コインパーキングをやってみて
コインパーキングの現状
コインパーキング開業までの流れ
駐車場付きマンションについて
機械式駐車場あれこれ
土地を購入してからの駐車場経営は儲かるのか
コインパーキング投資
コインパーキング運営会社
駐車場経営について


駐車場経営あれこれ

 

 

 

駐車場経営は、車の保有台数と密接な関係があり、

 

 

車が増えれば、駐車場に対するニーズは当然高まります。

 

 

 

ここ数年の日本の車両保有台数は、年々増え続けています。

 

 

土地を、駐車場として貸す事は 土地の資産運用としては、 


最もリスクの少ない活用の仕方です。

 


駐車場経営は、低リスク低リターンな投資です。

 


あくまでも遊休地の、利用という見方にすぎないと言えます。

 

サラリーマンであって、土地のない人が、駐車場経営を事業にして、


儲けるためには、数々の障害があります。

 

 

そもそも土地を所有していないので先ず駐車場にする土地を、


仕入れなければ駐車場経営は出来ません。

 


駐車場経営は、このため土地が元からあって、


しかも、今のところその土地を、


使用するあてがないという前提で、


やっと成り立つものだと思います。

 

 

 

住居系の建物を建てると、


固定資産税は6分の1、都市計画税は3分の1と、


税金上は優遇されていますが、


駐車場では税の優遇措置はありません。

 

 

 

ここが駐車場経営の、ハードルだと言えます。

 

 

 

さらに、どこでも駐車場にすれば、 


儲かるというのではなく、


車の所有者の住居に近い、あるいは駅の近くにあるなど、 


需要不足の地域や、駐車場のニーズがなければなりません。

 

 

一般に駐車場といえば、整地しただけのもの、


砂利引き舗装したもの、アスファルト舗装したもの、


コンクリート舗装などがありますが、


一番費用のかからないのは整地しただけですが、


これは水たまりと雑草の懸念があります。

 


特に草取りをしないと雑草だらけになります。

 


整地しただけの駐車場は、

 

駐車料金が1割程度安いですが、


空きが目立ちます。

 

 

将来の転用を考えると、駐車場にする場合、

 

なるべく投資が少なくて済む整地するだけとか、

 

砂利引き舗装程度で、アスファルト舗装や、

 

コンクリート舗装はしませんが、

 

整地するだけの場合はもちろん、


砂利引きだけの場合でも必要になってくるのは草取りです。

 

 

草取りはかなり重作業です。

 


自分がしなくても業者に任せるという手もありますが、

 

最低でも年に数万円という費用を見ておかなくてはなりません。

 


将来別の用途に転用するなら仕方ありませんが、


ある程度、本格的に駐車場ビジネスに取り組もうという場合は、


アスファルト舗装かコンクリート舗装が必要です。

 

 


露天駐車場の場合 管理は特に必要ありませんが、 


車を傷つけられたなどの、借主とのトラブルが


起きる可能性があります。

 


しかし土地の貸し主には責任は及びません。

 

 

念のために 契約書に責任なしと、

 

明記しておく経営者がほとんどです。

 

 

又車を放置したまま、

 

借主が行方不明になり処分することも、 


できないケースもあったりします。

 


こちらも、そのためにも契約後一定の期間、 


使用料の支払いなく放置されている車は所有権を


放棄したものとみなし 経営者が処分できるという条文を、 


契約書に入れておくべきは言うまでもありません。

 

 

 

車両破棄業者に、連絡すれば業者によっては、


自動車の撤去作業・廃棄処分費用を無料で引き取ってくれます。

 

 

なお 法律的には土地の賃貸に当たるが、 


建物を建てる目的で 賃貸するのではありませんから


借地借家法の適用はなく 契約の満了に従い 

 

返還してもらえるため、立ち退きで、

 

苦しまなくても済むのが駐車場経営のいい点です。

 

 

そのために、例えば建物を建てるのは2年後の予定ですが、

 

それまでの間、土地を遊ばせておきたくないということで、

 

一時的に貸し出すというパターンがよくあります。

 

 

いわゆる駐車場の 貸し出しは あくまでも、

 

当面の更地の活用としては有効です。

 

 

もっとも、最近では借主が 

 

警察の車庫証明書を取るために


借りるケースも多く見られます。

 

 

駐車場はタイムパーキングなどの、

 

コイン式駐車場の会社が都会では主になってきています。

 

 

 

コイン式駐車場の方が駐車料金は安いことが多いですが、

 

地方では、機械式は面倒で時間がかかると言った理由で、

 

平置き駐車場の方が人気があります。

 

 


これらの会社は、オーナーから一括して土地を借り受け、


その土地にコイン式駐車場装置を取り付けて、


ビジネスにする仕組みになっているために、


オーナー側には新たに投資を必要としないところと、


毎月決まった収入が見込め、

 

管理の手間が要らないなどのメリットがありますが、

 

オーナーから借りたものを投資して、

 

又貸しする方式なので、


オーナーに支払われる駐車場料金は、


近隣相場と比較しても決して高くありません。

 

 

 

 


自動車保有台数の推移

年度     台数
平成11年(1999年)      49,968,149台     

平成12年(2000年)      51,222,129     

平成13年(2001年)      52,449,354     

平成14年(2002年)      53,487,293      
平成15年(2003年)      54,471,376     

平成16年(2004年)      55,288,124     

平成17年(2005年)      56,288,256     

平成18年(2006年)      57,097,670      

平成19年(2007年)      57,510,360    

平成20年(2008年)      57,551,248

平成21年(2009年)      57,682,475

平成22年(2010年)      57,902,835

平成23年 (2011年)     58,139,471  

平成24年(2012年)      58,729,343

平成25年(2013年)      59,357,223

平成26年(2014年)      60,051,338

平成27年 (2015年)     60,517,249

平成28年 (2016年)     60,831,892

 

 

日本の届出駐車場数


平成08年 1021554


平成15年 1333159

平成16年 1372876

平成17年 1415252

平成18年 1450858

平成19年 1482645

 

平成23年 1623951

平成24年 1664443

平成25年 1661432
平成25年 1699455

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/170
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク