サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


賃貸仲介会社は管理主体になる | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
賃貸仲介会社は管理主体になる

賃貸仲介会社は管理主体になる

 

 

 

賃貸仲介会社は管理主体になって、


今後賃貸仲介専門業者は縮小すると思われます。

 


大家さんが入居者を探す場合は不動産屋さんに依頼します。

 


当然、入居者が決まると、


大家さんは不動産屋さんに広告料を支払い、


入居者は仲介手数料を払うことになります。

 

 

しかし、将来的に仲介のみの賃貸仲介専門業者は、


縮小すると思われるのです。

 

 

賃貸仲介会社は管理主体になると思います。

 

というのは、今までの賃貸付けのやり方は、


管理会社が大家側の窓口になって、


仲介専門業者に入居者の斡旋を依頼していました。

 

 

管理会社を入れない場合は、大家さんが直接、


賃貸仲介専門業者に依頼しています。

 

 

今後は、管理会社が仲介専門業者を通さず、


賃貸の客付けをやるようになると予想されています。

 

もちろん入居者は部屋が決まれば、


管理会社に仲介手数料1か月分を支払います。

 


しかし管理会社は、仲介手数料をゼロにすることが出来るのです。

 

なぜなら管理会社は、大家から広告料を受け取るからです。


さらに、管理料も入ってくるからです。

 

 

賃貸仲介で儲けるのではなく、入居率を上げて、


毎月の管理料を多くもらうことで業績向上を図るわけですね。

 


そのため仲介手数料はあてにしなくてもいいのですね。

 


従来から、管理会社は入居者募集に関しては、


仲介専門業者に依頼していたので、入居者が決まっても、


管理会社には、もともと入らないわけですから、


どのみち入らない仲介手数料ですので無料にしても、


何の影響もないわけですね。

 

 

管理会社が仲介手数料をゼロにするなら、


仲介専門業者は必要がなくなるわけです。

 


 

つまり、管理会社は仲介手数料をゼロにすることが出来るのは、


管理会社は入居者が決まれば、大家さんからの広告料が入るばかりか、


管理収入として毎月コンスタントに、管理料が入ってくるからです。

 

 

管理会社が入居希望者に仲介手数料をゼロでいいですよとなると、


入居希望者は、賃貸仲介専門業者に仲介手数料を払ってまで、


部屋を探しに行く必要がなくなるわけですよね。

 

 

従って、管理会社を通じて賃貸契約を結ぼうとするわけです。

 


このようになると、


賃貸仲介専門業者は儲けるところがなくなってしまうわけで、


いずれ事業が立ち行かなくなってくると思われるのです。

 

 

 

ここまでを、整理しますと、

 

賃貸客付けの仕組みは大家さん→管理会社→賃貸仲介業者→入居者

 

しかし管理会社が入居者を斡旋しますが、

 


仲介手数料をいただきませんと言えば、


賃貸仲介業者はいらなくなるのですね。

 

 

集客がインターネットなどで出来るのであれば、


賃貸付けは、たやすくなるので、


大家からの広告手数料だけでいいわけです。

 


賃貸仲介専門業者が縮小してしまうのはこのような理由からです。

 

 


管理会社は物件の管理費という収益があるため、


仲介手数料に頼る必要がないのですね。

 

 

 

もし管理会社が、自分たちで管理している物件であれば、


物件そのものに関する知識は、仲介会社よりも詳しいといえます。

 

 

入居希望者は、わざわざ仲介料のかかる賃貸仲介会社を通さずに、


手数料のいらない管理会社と賃貸契約を結んだ方がいいわけです。

 

 

 

人口減少社会に入り、借り手市場の現在、


管理会社各社が管理物件の獲得に躍起になっています。

 


これからは、管理会社がネットを使って集客することで、


仲介手数料もゼロになっていくと思われます。

 

このような形は大家と入居者が共にメリットがあるので、


今後、普及していくことになるでしょう。

 


 

もっとも、大家が自主管理で行う物件もあります。

 

 

その場合は、大家管理の物件は、


入居希望者は管理会社に行きますので、


管理会社は、自分のところの自社管理物件でないと、


真剣に入居者を探してくれないかもしれません。

 


その点で自主管理の大家さんは不利になります。

 

 

 

したがって、広告料の負担を増やす必要があると思います。

 


そうしないと、入居者が決まりにくくなりますね。

 

 

 

というわけで、賃貸仲介会社は管理主体になって、


賃貸仲介専門業者は今後縮小すると言うことでした。

 

 

 

 

 

 



関連記事
客がいない小さな不動産屋さんがつぶれないわけ

どうすれば空室が埋まるのか(もう万策尽きたというときが空室対策の始まり)

内見者を増やすには

一棟物件は管理にリスクがある

現在の賃貸事情、現在の賃貸市場はどうなっている

賃貸仲介専門業者は今後縮小する

空室が続けば返済保証システムを利用する

元付業者1ヶ月、客付け業者に1ヶ月 という募集方法

入居者の質

不動産管理会社の選び方と付き合い方

管理会社は、引き継がない方が良い

賃貸中の物件を買う

賃貸仲介会社と管理会社

入居者募集の失敗

不動産屋とどのように付き合えばよいのだろうか

中古物件の不動産屋さんの案内の仕方

空室がなぜ埋まらないんだろう?

入居者の募集と不動産屋選び

賃貸仲介会社の社長さんと会って

 
 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク