サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


絶対理想の家に買い替えてみせるには提携ローンを利用する(居住用不動産の住み替え、買い替え) | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
絶対理想の家に買い替えてみせるには提携ローンを利用する(居住用不動産の住み替え、買い替え)

居住用不動産の住み替え、買い替えは提携ローンを利用する

 




20年前に頑張って手に入れた愛しいわが家、

 

汗と涙と苦労で手に入れた我が家ふと気がつくと、

 

外壁のあちこちにシミが見えフローリングについたあちこちの傷、 

壁紙の薄汚れなんとなく古くさくなってきたと感じるわが家 

なんてこと最近ありませんか。

 

 


こんな家に毎月10万円のローンを払い続けている現実に、

 

戸惑うことありませんか。

 



ここで一発逆転を狙って、住み替えをしてみようと、

 

思っている人もいると思います。

 

 

 

 

狭さの解消を図るため、マンションから一戸建てに、

 

住み替えたいといった形での買い替えのパターンでは、

 

既に住宅ローンを完済していれば、

 

現在なら、より低利な融資を利用して、

 

その目的を達成することは可能です。

 

 

 

既借入金のある方でも、その借入金残額が少なければ、

 

自宅を売った資金で、その借入金の抵当権を抹消できれば、

 

買い替えも可能といえます。





マイホームの問題で現在一番厄介なのが買い替えです。

 



不景気の影響をもろに受けて不動産価格が下落してしまって、 

買い替えをしようにも自宅の価格が買った時より、

 

大きく下がってしまっているので、

 

頭金はおろか、すでに返したローンの元金を飛び越えて、

 

価値が下がり売却したくても、ローンの残債にもならない例が、

 

多く見受けられます。

 

 

そのうえ職場の勤務状況も変化して、

 

給料の手取りが下がっているかもしれません。



このため現在の住宅市場では、資金に余裕のある人以外は、

 

自宅の買い替えがうまく進まないことが考えられます。



 

もちろん民間銀行などの買い替え、

 

住み替えローンもありますが、

 

購入者の年収の問題など、

 

多くの条件をクリアしなければなりません。



 

又価格の問題だけでなく家の買い替えに伴う、

 

査定、決済、買い替えローンなどの問題は 

初めて売却を行う方々には、負担が重く、

 

面倒なことがたくさんあります。

 


そこでサラリーマン大家をやって以来、

 

不動産取引に多数の経験のある立場から、

 

これもすべてひっくるめて、

 

行ってくれるローンがありますので、 

あなたと一緒になって買い替えの問題に、

 

取り組んでみたいと思い、

 

いろいろ考えてみました。




この買い替えのシリーズでは、

 

関連記事への相互リンクを貼っていますので、

 

これを読んで少しでも役に立てればと思っています。

 


 

そして満足のいく新しい物件を手に入れてください。

 



住宅の解説書はいくらでもありますが、

 

通り一遍の解説書では、

 

買い替えという難問題の解決にはなりません。




実際の買い替えでは、もう一歩踏み込んだ、

 

したたかなノウハウが必要になってきます。

 

 

 

不動産仲介会社では、低金利の恩恵を受けて、

 

売却の値段を保証する買い取り保証制度を採用しています。

 

 

 

既借入金の残高と新しく購入する住宅資金、

 

および抵当権抹消の費用までが、

 

すべてセットされている不動産業者による、

 

残債返済型住宅ローンという融資制度なので、

 

買い替えに適しているのです。

 

 

 

 

これは、たとえ、新規物件の購入時に、

 

買い手が見つからなくても、

 

その会社で旧物件を買い取ることになるため、

 

ダブル返済とならずに、新物件の住宅ローンを、

 

借り入れることができるものです。

 

 

ただし、買い取り価格は、

 

査定価格の90%前後になることが多く、

 

既存の住宅ローンを抹消させて売却しやすくしたうえで、

 

売却代金の回収でも残債が残る場合はその残債額と、

 

新しく居住するために必要なローンとの合計で、

 

提携の住宅ローンを組むようになります。

 

 

 

 

低利な資金の活用が図られる現在では、

 

提携の住宅ローンは借入額は多くなっても、

 

既存住宅ローンの毎月返済額よりも低く抑えられます。

 

 

 

 

つまり、住宅の売却と購入と、ローンの返済と、

 

新規融資など提携なので利用しやすく、

 

返済額も既返済額よりも低く抑えられ、

 

提携ローンになると窓口一本化で、

 

セットされるため手間が省け、

 

このローンは、住宅ローンの取扱金融機関と、

 

不動産業者の連携で行われる形となります。

 

 

 

 

いずれにしても、現在の低金利を生かしての、

 

レベルアップを図るには、銀行などと提携している、

 

不動産業者を通じての提携ローンなので利用しやすく、

 

既借入金を決済して新規の住宅ローンを組むほか、

 

物件の売却、購入などが一度のタイミングで、

 

行われるため、買い替えに対しての利便性が増し、

 

大きなメリットがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 



関連記事
不動産 買い替えについて はじめの一歩

不動産買い替えと ローンの残債について

自宅の買い替え作戦  買い替え理由を明確に

不動産買い替えは 一生住む覚悟で

買い替えは妥協の上に成り立つものです

生活のスタイルを変えてみよう

買い替え作戦の実行

 

建て替えローン  

自宅買い替えローンについて

オープンハウス活用を利用しよう

自宅を安く入手するにはどうすればいいのですか

投資用不動産買い替え

木造アパート、建て替えるか売却するかどちらを選ぶ

買い替え時の 下取り物件購入

ローンが残った物件を買う場合、抵当権付き物件売買

不動産、ローンが残っている住宅を売却する方法

つなぎ融資について

絶対理想の家に 買い替えてみせる

不動産、ローンが残っているが売却することはできますか

離婚でマンションを売らなくてはならないとき

居住用不動産を 売却するには


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク