サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


ハワイ不動産投資 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ハワイ不動産投資
ハワイ不動産投資あれこれ

 

 

海外不動産投資として、ロバート キヨサキで有名な、


ハワイの不動産を見てみます。




もっとも、ロバート キヨサキ氏自身の不動産は、


大部分は、ハワイではなくアメリカ本土のアリゾナ州と、


アメリカ南西部に集中している。

 

日本人の海外旅行先として人気のハワイですが、


ハワイの不動産の特徴は日本と違って、


物件が古くなってからも資産価値は落ちませんね。


 

減価償却期間中に資産価値が目減りする可能性が低いといえる。


 

ハワイでは、新築物件を購入したり、


築年数が古くなって建て替えという概念はほとんどなく、


入居者からいただいた家賃を貯めて、そのお金で、


既存物件に手を加えてより質の良いものに、


つくっていくという賃貸構造です。

 

つまり、新しい物件を購入するのではなく、


今ある物件を、いい物件に作り替えていくということを、


一生懸命やっています。

 

 

日本では新築物件の売買件数が主流であるのに対して、


ハワイでは、中古物件の転売件数が主流ですよね。

 


ヨーロッパでは、リフォームされた古いアパートが、


美しい街のたたずまいとなっているのに対して、


ハワイも建物を永久に持たせるという考え方はヨーロッパと同じで、


古い建物が歴史ある街をつくっています。

 

 

ハワイの一戸建てですが、築年数が古くても、


改装を重ねて価値が上がっていき、豪華一戸建ては、


かなり価格も高くなっています。

 


これまで、古さに価値があると感じた家は、


ヨーロッパ調の美しい建築が多かったのですが、ハワイでも、


古くなった家を愛情を持って手入れしてきましたね。


 

価格が高くても、それだけ価値があると判断した買い手が、


好んで買っていくのです。


 

一方、ハワイのコンドミニアム(日本ではマンション)も、


最近の事情は変わってきています。

 

 

新しい建物は少なく、築30年、40年以上のビルやマンションがたくさんあり、


日本なら、融資期間は建物の残存耐用年数で行われていますが、


ハワイでは、その考え方はしないとなっている。



日本の法定耐用年数から物件の価値を判断すれば、


古い物件は当然、不利になりますし、


ローンを組む年数も、築年数によって区別されますが、


これは日本では、古い建物は価値がないと、


法律が規定しているようなものですね。

 


ハワイでは、築年数によって、物件を区別することはありません。

 


ちなみに、ハワイの投資用物件の減価償却は、


アメリカ本土と歩調を合わせて、一応減価償却費を計上しますが、


日本と異なり、不動産の種類(RCも鉄骨も木造)に関係なく、


一般住宅での減価償却期間は、一律、耐用年数は27.5年となっています。

 


どんな建物でも、減価償却は購入時点から減価償却の1年目が始まり、


100年たったビルでも、築浅の物件でも一律、


その物件を取得してから27.5年で償却していきます。

 

 

賃貸物件は、家具、家電付きが多く、


買い揃えるものも少なくて済み、


日本と比べて引越ししやすい環境にあり、


引越しにさほど費用が掛からないと思います。


 

ハワイのコンドミニアムは、オーナチェンジで売買されることも多く、


賃貸中であっても普通の売買と同様に売却できるといわれます。

 

もちろん、契約終了後に契約延長せずに、


入居者を退去させてから売却してもよく、


もっとも、賃貸中は入居者に退室をお願いすることはできませんが、


契約期間が切れたら、更新する義務はありません。


 

また、礼金という慣習はなく、敷金は賃料の1か月までがほとんどで、


退去の際は原状回復義務はなく、入居者に敷金は全額返却されるとなっています。






関連記事
ハワイ不動産投資

イギリス不動産投資(海外不動産投資ならロンドンが人気)

不動産投資 タイ

不動産投資 ニュージーランド

不動産投資、アメリカ

不動産投資、韓国

不動産投資 ドバイ

海外不動産投資


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1790
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク