サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


買った中古住宅の 雨漏りと傾斜 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
買った中古住宅の 雨漏りと傾斜

買った中古住宅の 雨漏りと傾斜について詳しく






不動産投資では、中古物件を購入してリフォームをして、


貸し出すというパターンが多いものです。




買った中古住宅が雨漏りをする場合や、


家が傾いている場合の修理費は、


全額自己負担になるのだろうか。



中古住宅の雨漏りは 瑕疵になるかどうかです。



雨漏りはあって初めて発見されるものであるが、


中古住宅では多少の雨漏りは、


通常予想されるものとして 


建物の機能を果たさないひどい欠陥でない限り、 


雨漏りはある程度は、仕方ありません。


 

隠れた瑕疵とはならないので、買受人が、


全額修理費は自己負担することになります。

 


なぜなら中古であることは、


何か不都合が含まれている可能性があり、 

 

それを承知して買うという一面があるためです。

 


売り主がこのことをわかっているのに、


販売した場合には、当然修理費は売主に請求できますが、


故意かどうかは通常わかりませんので、 


建物の機能を果たさないひどい欠陥でない限り、 


買主の方で全額負担することになります。

 

 

新築住宅ではこの反対で、業者に修理を請求できます。

 


新築住宅は、10年間瑕疵担保責任がありますので、

 

建物の雨漏りは10年間保証されます。

 


同じように買った建物が左右どちらかに、


傾いているということが後からわかった場合で、


売主には何の責任もありませんので、これも、 

 

文句を言うことはできません。

 


なぜなら建物の傾きは買主が調べてから買うものだからです。


 

引渡しを受けてからの主張は認められません。


 

新築住宅の場合は、はじめから傾くことはあり得ませんし、


よしんば傾いたとしても、建物の傾きは、


当然業者に無償で修理は請求できます。



 

それどころか、損害賠償も請求できます。


 

新築建売の場合は修理できない時は、


通常契約そのものを解除できます。 



さて、中古の場合、仲介業者さんには、


責任はないのでしょうか。


 

結論から言えば、仲介業者には一切責任はありません。


 

仲介業者は、仲介の際に家の細部まで点検等をしませんし、


あくまでも、仲介をしているだけであって、


売主が、雨漏りがないといえば、


その通りに買主に伝えるわけです。




あくまでも、仲介をしているだけになります。





まとめ



仲介手数料を払ったのは、


あくまでも仲介のための手数料であって、


その後の責任は、含まれていません。



最初から、不具合も含めて安くなっていますので、


仲介業者にも、責任追及できません。



また、中古の場合は、重要事項説明で、


瑕疵担保責任は問わないと、なっていますので、


賠償責任はほとんど追及できません。










関連記事
内装を 極めることが大切です。

傾いた床だけ直す

室内の床鳴り、床のきしみを直すには

戸建て住宅の賃貸経営

お化け屋敷を購入しても損はないのか、採算に合うのか

リフォームしたばかりの物件を探す

床のへこみについて

中古住宅、購入ガイド

リフォームの業者選び

中古住宅で儲けるためには

リフォームの失敗

築年数の経った古家のリフォーム費用

築年数が経った古家を、リフォームするメリット

中古住宅の丸ごと一棟のリフォーム

古家を買おうと思ったら、注意する点

古家の解体費用

進化する貸家

古家の賃貸

リフォームの業者選び

リフォームローン

買った中古住宅の 雨漏りと傾斜

リフォームを安く早く上げる方法

リフォームローンの現状について

自前リフォーム

リフォームを定年後の仕事にする

入居者からのクレーム対応と修繕態勢

木造アパート床の防音対策





スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/180
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク