サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


いつも満室の物件の管理が悪かったためしはない | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
いつも満室の物件の管理が悪かったためしはない
いつも満室の物件の管理が悪かったためしはないあれこれ

 


不動産投資を志す方の多くは、物件を入手することだけに、


注力しがちです。

 


もちろんそれも大事なことですが、

 

本当に大切なのは、その後の管理業務です。

 


日常の管理業務が上手くいくかどうかで、


結果を伴う大家さんになれるかどうかが決まるといっても、


言い過ぎではないですね。

 

日常管理業務の中で特に注意する必要があるのはクレーム処理です。

 

管理会社の役割は重要だと思います。



なぜなら、クレームは一刻も争う問題であり、

 

サラリーマン大家さんは、本業がありますので、

 

クレームの連絡を受けると、迅速な対応が取れるでしょうか。

 

 


まして物件が遠方にあるとしたら、クレーム処理する修繕システムを、


あらかじめ作っておかなければ、右往左往するばかりですね。


 

そうなってしまっては、入居者や仲介業者からの信用をなくす一方です。

 

ポイントはいつでも、電話一本で対応してくれる業者を、


確保して置くことです。

 


これは非常に大事なことかもしれません。

 

さらに、日常の管理業務は、入居者から貸主である大家さんに、


直接電話がかかってくるような体制は避けた方がいいのです。


 

必ず、仲介業者に電話がかかるようにワンクッション入れることが良策ですね。

 

なぜワンクッション入れなければならないかと言えば、

 

入居者は賃料を納めて家を借りている店子に過ぎません。

 

表面的に電話連絡取るようになればなるほど、


お互いのちょっとしたものの言い方で角が立ったり、


入居者を傷つけたり、反対に入居者の要望がエスカレートしかねません。

 

これは、本業でやっていようが副業でやっていようが、


いずれにせよ仲介業者を挟ませるべしですね。



自主管理の場合は、そうもいかず入居者から、


直接、電話がかかってきます。



そんな場合でも電話だけで、ことが足りるような管理体制に、


しておくことがポイントですね。

 



特に、水漏れ、雨漏り、排水管つまり、給湯器故障などは、


緊急を要します。

 

 

仲介会社や修繕業者と打ち合わせ、入居者立会いのもと、


大家さんが間に入って、早急に補修の手配をしなければなりません。




しかし毎回、そんなことはできませんので、


やはりここは、大家さんが居なくても、


電話一本で駆けつけてくれる業者を確保しておくことが肝要ですね。




 

クレームが発生してから修理業者を探すといった、


小手先の対応はよくないですね。

 


小手先の対応だと、補修は遅れ、費用がかさむ可能性があります。


 

補修が遅れると、入居者の不満が増してきます。


 

その不満が頂点に立てば、入居者の退去につながりかねません。

 


集合住宅の場合なら、一人の入居者の不満は、

 

他の人にも伝染して、善良な入居者まで失うことになります。







厳しい時代を迎えた賃貸事業で生き残るためには


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク