サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


損益計算書(収支計算書)と貸借対照表で見る | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
損益計算書(収支計算書)と貸借対照表で見る

損益計算書(収支計算書)と貸借対照表で見る
不動産投資を始めると、まずは貸借対照表を複式簿記で付けてみる
不動産投資の最大のリスクは内部留保の不足


損益計算書(収支計算書)と貸借対照表で見るについて

 

 

 

不動産投資というのは、インカムゲインをいくら手に入れても、


その物件を売却してみなければ、


最終的な損益は確定できない行為であります。

 

 

しかし、ある一定の期間を過ぎても、


売却しないという選択肢もあります、

 

むしろ、売却して利益または損失を確定させる行為は少なく、


大多数は、売却をしないで持ち続けると思います。

 

 

いずれにしろ価値の下がらないものに投資をすることが大事ですね。

 


そこで、物件選定は損益計算書と貸借対照表で見ることになります。

 

 

損益計算書は、家賃収入から必要費用を引いて、

 

利益または損失を現わしたものです。

 

 

貸借対照表は、資産から負債を引いて、

 

資本または純資産を現わしたものです。

 

 

キャッシュフローの考えでいくと、基本的には毎月入る家賃収入で、


元利金が払えれば、大丈夫ということになります。

 


借り手が退去して、空家になってしまったとしても、


支払いができるように準備しておけば、


ピンチのときでも切り抜けることができるのです。

 

 

一番大事なのは、買った物件に入居している人が出てしまっても、


持ちこたえられるかです。

 

 

と言うのも、入居者が退去すれば、

 

すぐに、次の人が入るかどうかは、未知数だからです。

 

 

 

一方、貸借対照表の考えは、

 

購入してから価値が落ちる減価分以上の


賃料が入ってくるかですね。

 

 

つまり、物件が減価していく額よりも、


家賃収入の方が多ければ大丈夫ということになります。

 


賃貸経営は、最低限、この二つの考え方が必要になってきます。

 

 

特に、土地価格よりも建物価格の占める割合が大きい物件は、


建物が経年減価する割合が大きいので、


積算価格もそれにつられて大きく下がります。

 

 

これは、家賃収入のほとんどが、積算価格の減価分を、


回収しているだけになります。

 

 

 

つまり、建物価格の占める割合が大きい物件は、


いくらインカムゲインが多くても、


減価分に当てられてしまうわけですね。

 

 

もっとも、元金返済により残債も減りますが、


積算も下がりますので、価値が下がります。

 

 

 

いずれにしろ、投資物件を選定するときは、この二つ、


損益計算書と貸借対照表の視点で考えてみましょう。

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   -
Comment
name:
email:
url:
comments:
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク