サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


中古物件を探すには、粘り強く繰り返して探す | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
中古物件を探すには、粘り強く繰り返して探す
中古物件を探すには、粘り強く繰り返して探すについて

 


中古物件を探す方法は、収益物件検索サイトです。

 

一戸建てを探すときは、


ヤフー不動産や不動産JAPANというサイトがあります。

 

場所を指定して、価格の低い順に見て行き、


いい物件だと思ったら、詳細情報を見る。


これはいけると思った物件のみ、


不動産業者に電話して、図面を取り寄せる。

 

電話でわかることはすべて聞いておく。

 

いいと思った物件のみ、現地調査する。

 

この時に、不動産業者と一緒に行かないで、


自分だけで行ってみる。

 

いいと思った物件だけ後で内部を見せてもらう。

 

この作業をいい物件が出てくるまで繰り返すだけです。

 

 

買付を入れるときは、指値金額を記入する。

 


また、検索条件を土地という条件で探してみる。


あくまでも、土地として売り出していても、


上に古家が建っているケースがよくあります。

 

売主が価値なしと判断している建物もありますので、


それを購入してリフォームすれば良くなります。

 

解体費用分を値引き交渉して買うことも出来ます。

 

一棟アパートやマンションを探すときは、

 

不動産投資に特化した収益物件専門サイトとして、


楽待、健美家、不動産投資連合体、クリスティです。

 

こうした検索サイトの更新頻度は1週間に1度くらいです。


検索サイトを毎日見続けていくと、


その地域の物件や、利回りの相場観が分ってきます。

 


よさそうな物件を見つけたら、不動産会社に資料請求します。

 

 

とはいっても、希望にかなう物件は少なく、


買ってもいいと思える物件は、本当に少なく、


1000件に1件ぐらいしか出てきません。

 

その中で優良物件を探すには、粘り強く繰り返す必要があります。

 

不動産を探すには、ありきたりの方法では難しいです。

 

思い切って不動産屋さんを回られたらいかがでしょうか。


不動産屋さんをとことん利用します。

 

どういうところに、どういう安いものがあるのか、


どんな種類の中古物件があるのか、不動産屋さんを徹底して回って、


ライバルの追随を許さないスピードで情報を得ていく。

 

利益は情報にありといわれるぐらい、安くてよい物件を得ようと思えば、

 

自分の足で探す。


やはり、ポイントは買いにあります。


買い入れが不動産投資成功の8割がたを締めるといわれます。

 

昔から、中古車販売店や、中古自動車屋さんは、


買い入れは社長がするものでした。

 

売りは主任に任せても、中古車の仕入れは社長がします。

 

不動産投資でも同じ、


高いものを買ったのでは、その後いくら頑張っても、


利益はあまり出ないわけでして、


買いをとことん安くする必要があります。


そのためには、不動産屋さんを回って、


不動産のプロの力を徹底して利用するのがいいのではないでしょうか。





他人が買いたいと思わない物件こそ光がある


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1840
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク