サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産を購入した場合の諸経費はいくら | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産を購入した場合の諸経費はいくら
不動産を購入した場合の諸経費はいくらについて詳しく

 

不動産賃貸業は投資ではなく事業であるために、


お金を作るシステム(箱)を買うべきだと思います。

 

その点、木造物件は資産性は低いですが、


収益性は優れているのです。


 

もっとも、資産性のある物件は、


維持するためにコストがかかってきます。


 

RCマンションは建物の価値があるために、


固定資産税や減価償却費が高くなりますし、


エレベータなどの各種設備費用が大きくなります。

 


資産性のある物件は、


銀行から融資を受ける点では有利ですが、


しかし、土地そのものは、お金を生みませんし、


資産性のある建物は、維持費やメンテナンス費用、


購入諸経費が高くなります。

 

購入諸経費といえば、資産性のある物件は物件価格に比例して、


諸費用の率が高くなります。

 

今日はその購入諸経費に絞ってみたいと思います。

 

 

例えば、5000万円の物件(固定資産税評価額が土地2000万円、


建物2000万円の物件の場合)どれくらいの諸経費がかかるのでしょうか、

 

まず、仲介手数料は156万円です。

内訳は、(5000万円×3%+6万円)、

 

・売買による所有権移転登記費用、

(固定資産税評価額 土地2000万円  建物2000万円の場合)
 
土地20万円+建物40万で 合わせて60万円

内訳は
土地→固定資産税評価額×1%で 20万円  
建物→固定資産税評価額×2%で 40万円       

 

抵当権設定費用20万円、

 


ローンを利用する場合は、抵当権設定登記のための、

登録免許税が別途かかる。5000万円×0.4%=20万円

 

不動産取得税120万円、
その計算は次の通り
固定資産税の評価額の3% (4000万×0.03=120万)です。 


ローン支払利息1年あたり68万円、


管理費1年あたり12万円。

租税公課、68万円:
内訳
固定資産税  土地 建物の固定資産税評価額の1.4%で 56万円
都市計画税  土地 建物の固定資産税評価額の0.3%で 12万円
        

司法書士の登記報酬10万円


最も安い火災保険料10万円 


 
156+60+20+20+120+68+12+56


+12+10+10=544万円

 

544万円の諸経費を支払わなければなりません。

 


それだけでなく、税金やローン保証料、団体信用生命保険料も必要です。

 

ちなみに、544万円あれば、


地方では中古一戸建てが現金一括買いできる値段です。

 

もっとも、不動産取得税は購入後すぐではなく、


しばらくしてから払いますし、


ローン利子や、固定資産税、管理費等は一年間の費用を見ています。


なので、なるべく購入物件の中に、


資産が含まれていない方がコストが安くなるわけです。

 


一般的に、


物件を購入した場合、ローン関連費用(ローン保証料、


ローン事務手数料、印紙代)が必要。


土地の所有権移転費用、


建物が新築の場合には、建物表示登記、所有権保存登記、


中古の場合は、所有権移転登記、

 


登記に関しては登録免許税が必要です。

 


仲介手数料を含めてこれらの費用は、


物件価格が高くなる割合に比例してかかってくる。

 

あとリフォーム費用、入居者募集費用、消費税など、

 

というわけで、少しでも資産の占める割合は少ないほうが、


各種コストを低く抑えられるのです。

 

今日は、不動産購入の諸経費に絞って書いてみました。




サイト最新記事LINK集
資産を買うよりも、お金を作り出すシステムを買う(不動産を購入した場合の諸経費はいくら)

室内の床鳴り、床のきしみを直すには

不動産投資の失敗を回避する方法

建物の安全と利益の両方が必要

木造築古アパート融資の貸し渋りにどう対処する

不動産は貸すことがすべて(入居者が決まる喜びは不動産投資の最大の喜び)

事業収支(採算)を改善するためには

チャンスがわかる人わからない人(チャンスをつかめるかどうか)

中古物件を探すには粘り強く繰り返して探す

他人が買いたいと思わない物件こそ光がある

一つのことを極めることですべてのことに通じるようになる(専門バカ)

土地を購入してアパートを建てる場合の必要な自己資金の額






サラリーマン大家さんTOP


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク