サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産投資は、買って運用して収益を得るビジネスです | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産投資は、買って運用して収益を得るビジネスです
不動産投資は、買って運用して収益を得るビジネスですについて

 


土地の持っている価値とは、


運用によって得られる収入の大きさにあると思う。

 

土地の本当の価値を自分のものにするためには、


売却しなければ得られません。

 

しかし、土地の持つ本来の効用は、


利用して収益を生み出すところにあると思います。

 

賃貸住宅であろうが、駐車場であろうが、


賃料を得ることで土地の持つ価値を、


最大限に引き出すことが可能となるわけです。

 

不動産の本当の価値は土地にありますが、


収益を得る道具は、建物になってきます。

 

不動産投資の目的は、短期的には収益性を求めますが、


長期的には土地という資産を持つことになります。

 


不動産は一度買ったら、売らないということを原則にすれば、


地価の上げ下げに一喜一憂したりすることはありません。

 

日本を代表する三井不動産や三菱地所は、


売らずに、ひたすら土地を持ち続けてきた企業です。

 

三井、三菱の基本は、昔からある資産から生まれる家賃収入に、


支えられているため、経営が傾いたり、


つぶれたりすることはありません。




つまり大家業からの家賃収入があるため、


分譲マンション事業で多少失敗したり、


売れ残って在庫が増えても、経営自体はビクともしないのです。

 


売らずに持ち続けてきた結果、やがて資産が大きくなり、


いつまでも繁栄する。

 


不動産ビジネスは、買った土地を基準に、


建物を運用して利益を得ることです。

 

つまり土地がベースにあって、付録についている建物で、


収益を取るという事業です。

 

土地はいつまでも残りますが、建物は残らない。



土地というのはその場所にあり続け、決してなくならないです。

 

不動産賃貸業はそのなくならない土地の上で安定した利益を、


中長期にわたって得ていく事業です。

 

しかし物件を選ぶとき、建物の良し悪しに惑わされてはいけない。

 

土地の持つ価値があってこその建物です。

 

間違った土地を選んでしまうと、


その後どんなに頑張っても収益を上げられません。

 


不動産投資は、たくさんの物件を所有し、


儲かった資金で、また次の物件を取得していく。

 

するとますます物件が増え、どんどん豊かになるという構図です。

 

土地はいつまでも残り、動かすことのできないという事実は、


永遠を意味し、この永遠を自分の手元にたくさん置くことが、


豊かな繁栄につながることになってくると思います。




資産を買うよりも、お金を作り出すシステムを買う


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク