サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


売主が値下げをした直後は指値のチャンス | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
売主が値下げをした直後は指値のチャンス
売主が値下げをした直後は指値のチャンスについて

 

 

物件検索を見ていると、長い間売りに出していたものの買い手がつかず、


その後何度か値下げして、つい最近になって、


また値下げしたということがあったりします。

 


こういう値下げをしたばかりの物件は指値が通りやすいと思います。

 

何度か値下げしている物件は売主が弱気になっているか、


急に資金が必要になったためだということです。

 


売主が債務処理や、相続問題で値下げしてくるケースがよくあるのです。

 


なので、そのタイミングを活かして、


さらにもう一段突っ込んだ指値を申し出る。

 


この値段なら購入しますと相手に打診する、


そしてあえてローン条項無しで申し出ると、


その金額が通る事が多い。

 

 

買主としては、売主の提示額でも買うつもりでいますから、

 

指値が不可能なら、売主の提示額でもOKだし、

 

ともかくダメもとのつもりで売主に交渉してくれるように、

 

仲介会社の担当者に頼んで見ることですね。

 


指値の申し出は、値下げした時は絶好のタイミングです。

 

しかしこの場合は、大幅な指値はできない。

 

なぜなら売主は、数回にわたって値下げしているので、


十分安くなっていますので、ライバルに持っていかれる危険性があるのです。

 

 

値下げした時は、売主は気が大きくなっています。

 


急に資金がいるということは、売主にとって、

 

さらに値引きしようと、しまいと影響は少ないはずです。

 


売主と値段交渉ができるのは、


売主が値下をした直後のタイミング。

 

それが一番効き目があります。




確実に購入できる買付申込書の書き方について

指値の極意はあるのですか

買付証明書と指値、売主が買付証明書を妥当と認める時


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク