サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


不動産賃貸業が失敗する要因は新築や新品 | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
不動産賃貸業が失敗する要因は新築や新品

不動産賃貸業が失敗する要因は新築や新品

 

 


投資用不動産を購入して行う賃貸経営は、


安い費用で物件を入手して、

 

いかに安い費用で、きちんとリフォームを行って、


相場よりも高い家賃で、入居者に部屋を提供できるかで、

 

利益が変わってきます。

 

 

不動産賃貸業が失敗する要因は、

 

新築を求めたり、建て替えたりすることだと思います。

 

 

そうすると、莫大な資金と労力が必要です。

 


建て替えはするべきでありませんし、


断固拒否し、リフォームで済ますべきです。

 


入居者は住宅を安く借りられ、管理会社は仕事が得られ、


国や地方は税収が増え、リフォーム業者は仕事が与えられ、


銀行は金利収入が得られ、最後に大家さんは賃料を受け取る。

 

 

この中で一番リスクを負っているのは大家さんです。

 

 

ですから大家さんは、失敗してはなりませんし、


そのリスクに見合ったリターンを受け取るべきです。

 

 

大家さんになりたてのころは、余裕もなく、


とにかく倹約精神に徹する人が多くいるはずです。

 


それがいつの間にか、建物だけでなく、

 

設備まで新品を求めてしまう。

 

 

水回り部分やキッチン、トイレ、洗面台、


室内に付ける照明器具、フローリング材から給湯機器まで、


はたまた事業に使う自動車まで、


ピンからキリまで各種の設備がありますが、


必ずしも新しいものを使うのではなく、

 

中古車センターや、リサイクルセンターで売っている、


中古品を買ったり、ホームセンターや、

 

建材市場で売っているB級品を使うべきであり、


入居者の方も、賃貸住宅に住むのに、必ずしも、


設備や、内装は新品を求めているわけではないです。

 


風呂なども古い風呂は、汚れているだけですし、


目地をペンキ塗りすれば見違えるほどきれいになります。

 

 

マイホームであっても、賃貸住宅であっても、


どうしても新築を欲しいと言うのはわかりますが、


もし中古で間に合うのなら、中古にすべきだと思う。

 

 

きれいな新築住宅であっても容易に買うことはせず、


中古物件を買って、いかに手を加えるかを徹底的に考え、


創意工夫を凝らすようにすべきです。

 

 

 

新築物件を購入したり、新築に建て替えれば、


入居者はすぐに決まるだろうし、


賃貸に出しても、ほとんどクレームも発生することなく、


楽に運営できると思います。

 


しかし、そのような新築を持つことによって、


立派な物件を持っているという満足感は、


得られるかもしれない。

 

しかし、実際はそれがそのまま経営効率の向上につながるとは、


限りません。

 

 

中古は新築や新品の何分の一という値段で売っているのです。

 

 

それを購入したほうが成功しやすい。

 

 

新築や新品の賃貸経営は、

 

かえって経営体質を弱めることになりますし、

 

限られた資源を大事に生かすことにもならないと思います。

 

 

 


   

関連記事

新築アパート経営は失敗になる 可能性がある。

不動産賃貸業が失敗する要因は新築や新品

新築にするか中古にするか

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://yutaka-1115.jugem.jp/trackback/1893
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク