サラリーマン大家さんで豊になろうyutaka大家さん


新築や築浅の優位性はいつまでも続かない | サラリーマン大家で豊かに 全ての大家さんの豊かさを追求する
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
新築や築浅の優位性はいつまでも続かない

新築や築浅の優位性はあてにならないあれこれ

 

 


一般に、不動産賃貸業の運営について語るとき、


新築や、築年数の少しでも新しい物件の方が競争力があって、


優れているのだという。

 


平成築のマンションを持っているとか、


最先端の設備を備えた物件を持っているとか、


そういう物件が入居者に受け入れられるのだと。

 

 

 

ところがこういう考え方もあるのです。

 


それは、築浅で、最先端の設備を持つことはもちろん大事なことですが、

 

たとえ築年数や設備で一時的に先行しても、数年もたたないうちに、


競合物件が出てきて追いついてくるだろうと。

 

 

もし新築や少しでも築浅にすることだけに頼っているのなら、


競合物件に追いつかれたとき、一体どうするのだろうかと。

 

 

新しい物件が近くにできたので、空室になっても仕方がないと、

 

考えるのだろうか。

 

 

 

そのように、あちこちにライバルが新築を建てて、


追いついてきたとき、その物件の優位性は、

 

一挙に崩壊することになるのですね。

 

 

豊富な資金を駆使して、次から次へと新築物件を持てるならともかく、

 

現在のような技術進歩が速い時代に、そうすることは極めて困難です。

 

 

 

新築や、築浅の優位性というのは、

 

このように永遠不変のものではないのですね。

 

 

なので、賃貸経営を安定させようと思うなら、


たとえ築年数がそれほど新しい物件でなくても、


どこでもあるような物件を、

 

自分たちで、優れた物件にすることが大切ですね。

 


つまりどこにでもあるような物件でも、


あの物件はひと味違うというような経営をすることが、


賃貸事業の真の実力になってくるだろうと考えます。

 

 

最近では、一部の大家さんが、激安のボロ一戸建てを現金買いして、


リフォームを施して貸し出す投資法が、


賃貸不況の中でも検討している姿を見て、


マンション投資ではなかなか儲からないので、


一戸建てや、木造アパートに方向転換したい、


などと言っている投資家も増えているそうである。

 


区分マンションや一棟マンションは儲からないと言うが、


私はそうは思わない。

 


マンション経営という事業は単にリフォームして、


貸すだけという仕事ではないと思う。

 

 

マンション経営余は、修繕を実行し、賃貸管理や共用部の清掃を行い、


優れた設備を導入して入居者へ提供していくという素晴らしい事業です。

 

修繕計画を立てたり、管理を徹底していくことによって、


物件の価値を維持していくのが、


マンション投資の基本的です。

 


そういう工夫をすればマンション投資でも、


十分収益が上がってきます。

 


そういう賃貸経営の原点を置いておいて、

 

現在上手くいかないから、


ボロ物件投資に手を出そうというなら、

 

そんな投資家は成功するわけがないと思います。

 

 

どのような分野であれ、

 

入居者の心をとらえる賃貸住宅を創造することに、


知恵と工夫を惜しまなければ、

 

無限の価値を生み出せると考えます。

 


これは、賃貸経営に限った話ではないですよね。

 

日本経済を支える中小企業の中には、


自社で製造販売している会社はたくさんありますね。

 

 

そういった中小企業は安い中国製品などにおされて、


倒産に追い込まれる会社が多いが、


その一方で、不況の中でも、ひたすら努力をして、


立派な経営を続けているところもたくさんあります。

 

このように不況の中でも優れた業績を残している会社というのは、

 

世の中で決して目立つ存在ではないですね。

 

 

しかし、平凡な仕事でも立派な業績を上げている会社こそ、


実は非凡な会社だと私は思います。

 

 

新築や築浅で、最新設備を備えていなくても、


工夫次第で高い入居率を上げることは可能ですね。

 


たとえ、築古で変わり映えのしない物件であっても、


大家さんの心温かいおもてなしで、

 

入居者がここに住みたいと言ってくれる、

 

そんな一味違うものにしたいですね。

 


それこそが賃貸事業を行っている大家さんの実力であると思います。

 

 

 

 

 


アパート同士の競争

 

築古アパート購入の問題点

 

新築や築浅の優位性はいつまでも続かない

 

 


スポンサーリンク



リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
コインランドリー店経営失敗の原因
リフォーム費用を修繕費にするか資本的支出にするか
貸借対照表の書き方(不動産用)個人事業と法人
不動産の複式簿記の書き方(確定申告の注意点)
確定申告の勘定科目
借地権付き物件銀行ローン
減価償却費は、建物と設備を分けると前倒しで償却できる
住宅ローン繰り上げ返済、投資用ローン繰り上げ返済
不動産所得 簡易簿記の書き方


サイト内検索
カスタム検索

サイトtop    comments(0)   trackbacks(0)
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
コインランドリー失敗(土地があるからコインランドリー経営をやってもいいのでしょうか)
コインランドリービジネスはフランチャイズに加盟すべきか
白色申告の書き方 不動産所得用
日本政策金融公庫でリフォーム資金を借りる
減価償却期間について(手すり1〜3年、アパート駐輪場10年等)
土地等を取得するために要した借入金の利子



スポンサーリンク